正岡子規記念球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
正岡子規記念球場

正岡子規記念球場(まさおかしききねんきゅうじょう)は、東京都台東区上野恩賜公園内にある球場で、プロ野球大学野球などのリーグ戦や公式戦が行われる球場ではなく草野球などが行なえる東京都が管理するレクリエーション施設で使用する際は予約が必要になる。

正式名は上野恩賜公園正岡子規記念球場。グラウンドは、内野外野天然芝を施してある。

概要[編集]

この球場の名前を冠している正岡子規は、明治初期に日本に野球が紹介されて間もない頃の愛好者であり、1886年(明治19年)から1890年(明治23年)頃、この球場がある上野公園内で野球を楽しんでいたという。

その証拠に子規の随筆「筆まかせ」の中に、明治23年3月21日午後上野公園博物館横の空き地で試合を行ったことが書かれており、その時子規は捕手を守っていたことが分かる内容が書かれている。

その後、子規は野球を題材とした俳句短歌小説・随筆を発表して野球の普及に貢献した。また、数々の野球用語を日本語訳したことも知られる(子規が訳した野球用語に関しては、正岡子規#子規と野球の節を参照)。

このような功績を称え、上野恩賜公園開園式典130周年を記念し、2006年(平成18年)7月21日に上野恩賜公園野球場で句碑の除幕式と正岡子規記念球場の愛称が披露された。句碑には「春風や まりを投げたき 草の原」の句が刻まれている。

球場の周辺施設[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度42分52.5秒 東経139度46分27.2秒 / 北緯35.714583度 東経139.774222度 / 35.714583; 139.774222