止観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

止観(しかん、: śamatha-vipaśyanā[1])とは、仏教瞑想の主なものである。サンスクリット語から奢摩他・毘鉢舎那音写されることもある。

仏教では瞑想を止と観の二つに大別する。(シャマタ:奢摩他)とは、心の動揺をとどめて本源の真理に住することである。また(ヴィパシヤナ、毘鉢舎那)とは、不動の心が智慧のはたらきとなって、事物を真理に即して正しく観察することである。このように、止は禅定に当たり、観は智慧に相当している。止だけでなく観を重視するところに、仏教の瞑想法の特徴がある。止観は、しばしば2つの車輪に例えられ、不離の関係にある。

止観は、仏教の三学である「戒定慧」の定慧に相当する[1]

天台智顗(-ちぎ)は、止に停止、観に観達の意味があるとして、あらゆる行法は止観に統摂されるとした[1]。智顗からはじまった天台宗において多用される。智顗の『天台小止観』や『摩訶止観』といった経典は、坐禅の詳細なマニュアルであり、天台宗だけでなく禅宗においても参照される。[要出典]

出典[編集]

  1. ^ a b c 中村元、福永光司、田村芳朗、今野達、末木文美士・編 『岩波仏教辞典』 岩波書店、2002年、第2版、412頁。ISBN 4-00-080205-4

関連項目[編集]