止止呂支比売命神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
止止呂支比賣命神社
Todorokihimenomikoto shrine.jpg
社殿正面
所在地 大阪府大阪市住吉区沢之町1-10-4
位置 北緯34度36分16.15秒
東経135度29分50.4秒
座標: 北緯34度36分16.15秒 東経135度29分50.4秒
主祭神 素戔嗚尊
稲田姫尊
社格 式内社(小)
村社
創建 不詳
本殿の様式 住吉造桧皮葺
例祭 秋祭り(10月7日8日
主な神事 春祭(鎮火祭)(4月8日
夏祭(7月11日12日
冬祭(鎮火祭)(12月8日
地図
止止呂支比賣命神社の位置(大阪府内)
止止呂支比賣命神社
止止呂支比賣命神社
テンプレートを表示

止止呂支比売命神社(とどろきひめのみことじんじゃ)は、大阪府大阪市住吉区にある神社。式内社で、旧社格村社

祭神[編集]

歴史[編集]

由緒書

創建年代は不明。社名のトドロキとは当時の境内にあった橋の名前から由来していると考えられる。また、稲田姫を『止止呂支比売』(トドロキヒメ)と呼んだことから由来する説や境内に流れていた小川がせせらぐ音、『轟く』(トドロキ)から転訛したことが由来とする説もある[1]延喜式神名帳では小社に列している。

元々は住吉大社の摂社(奥の院)であったとされる。1220年(承久2年)に行われた後鳥羽天皇による熊野詣の際に、住吉大社神主である津守経国によって境内の松林内に行宮を立てられ「若松御所」と呼ばれたことから、若松宮あるいは若松神社と称すようになった[2]

境内[編集]

若松行宮跡
  • 若松行宮趾の碑
  • 天水分豊浦命社社号標石(大阪市指定文化財)

境内社[編集]

式内社で、旧社格無格社。霰松原荒神社とも呼ばれ、元々は大阪市住之江区安立2丁目に鎮座していたが1907年明治40年)に合祀された。

祭礼[編集]

  • 春祭(鎮火祭) 4月8日
  • 夏祭       7月11日12日
  • 秋祭      10月7日8日
  • 冬祭(鎮火祭) 12月8日

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]