歌川重昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

歌川 重昌(うたがわ しげまさ、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

初代歌川広重の門人、歌川の画姓を称す。広重の愛弟子だったが10余歳で没したという。作画期は弘化から嘉永の頃にかけてとされる。

作品[編集]

  • 「江戸名所 亀戸梅屋敷」 横中判錦絵揃物のうち ※嘉永年間

参考文献[編集]

関連項目[編集]