歌川貞広 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二代目 歌川貞広(にだいめ うたがわ さだひろ、天保9年〈1838年〉 - 明治41年〈1908年3月15日)とは、江戸時代末期から明治時代にかけての大坂浮世絵師、画家。

来歴[編集]

初代歌川広貞の門人。本姓は三谷、俗称は又三郎。昭皇亭と号す。初名を広兼と称した。三味線の名手鶴沢又吉の子で大坂島の内に生まれる。のち三津寺筋中橋に住む。はじめ円山派の藪長水に絵を学んだが、後に広貞の門人となる。作画期は元治元年(1864年)から没年にかけてで、役者絵や大坂の名所絵、芝居の看板絵を描く。明治14年(1881年)からは大阪朝日新聞の社員となり、新聞の挿絵を描いている。享年71。墓所は天王寺区の下寺町光明寺、法名は高誉貞広禅定門。息子の三谷晴彦は陸軍中尉となったが、日中戦争において戦死している。門人に湯川松堂がいる。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • 湯川松堂 「恩師三谷貞広」 『郷土研究 上方』(第11巻) 新和出版社、1969年 ※壱百参拾八号所収。復刻版、原著は昭和17年(1942年)6月刊行
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年
  • 国際浮世絵学会編 『浮世絵大事典』 東京堂出版、2008年