歌川豊国 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
「名勝八景 大山夜雨」 二代目豊国画。

二代目 歌川豊国(にだいめ うたがわ とよくに、享和2年〈1802年[1] - 天保6年〈1835年〉)は、江戸時代後期の浮世絵師。一陽斎豊国。

来歴[編集]

初代歌川豊国の門人。名は源蔵、一陽斎(文政11,12年)、一暎斎(文政11年頃から)、後素亭(文政11年頃から天保5年)、満穂庵と号す。文政の初め頃、初代豊国に入門し当初国重(くにしげ)と称したが、のちに豊重(とよしげ)と改め、豊国忰豊重とも号した。豊国の門人のなかでは若輩で技量も今ひとつであったが、文政7年(1824年)以前には初代豊国の養子となり、初代の没後、翌文政8年(1825年)に二代目歌川豊国を襲名した。実力派の歌川国貞を差し措いてのこの処遇は、歌川派内において何らかの蟠りが生じていた可能性も考慮される。しかし二代目豊国は忠実に師の画風を受け継いで、堅実な作風の美人画や役者絵、芝居絵を描いた。文政11年(1828年)頃には本郷春木町に住んでおり、後年になって二代目歌川豊国を自称した国貞と区別するため「本郷豊国」と呼ばれた。

二代目豊国は初代の域を超えず、三代目豊国(国貞)に圧されて不遇な存在であった。二代目豊国の作品のうち、半身像の美人画「風流東姿十二支」は特に優れており、「美人合 江戸十景」、「今様姿見」、「吉原八景」、「全盛百人首」などの美人画のシリーズも知られている。晩年の天保4年(1833年)から天保5年(1834年)の頃に、相模国駿河国の景勝地を描いた風景画「名勝八景」8枚揃も良く知られている。なかでも「大山夜雨」は、丹沢山塊の大山にある大山不動尊を描いた佳作である。しかし天保5年(1834年)頃を境に作品は無くなっている。天保6年(1835年)死去、享年34(安永6年生まれとすれば59)。没年も未詳であり、同年に筆を廃しただけともいわれ、また、陶器業を営んだともいわれる。


弘化元年(1844年)、兄弟子の国貞が豊国の名跡を継いでいるが、なぜか本来は三代目にあたるにもかかわらず、二代目豊国の存在を無視して自らを二代豊国と称し、豊重こと二代目豊国の存在を抹殺したのであった。

門人に歌川国重 (2代目) 歌川国盛歌川国鶴がいる。

作品[編集]

  • 「名勝八景 大山夜雨」 横大判 8枚揃 浮世絵太田記念美術館所蔵 天保5年(1834年)頃
  • 「新製錦手猪口」 大錦 揃物 文政7年~文政8年
  • 「風流東姿十二支」 大錦12枚揃
  • 桜下遊女図」 絹本着色 東京国立博物館所蔵 文政8年(1825年) - 文政13年(1830年)
  • 「花魁 女房 芸者」 絹本着色 浮世絵太田記念美術館所蔵
  • 「桜下短冊を結ぶ娘図」 絹本着色 浮世絵太田記念美術館所蔵
  • 「暫図」 絹本着色 奈良県立美術館所蔵 文政後期 - 天保前期
  • 「隅田川遊船図」 絹本着色 プラハ国立美術館所蔵[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『浮世絵師伝』は享和2年(1802年)とする。『図説浮世絵入門』及び『原色浮世絵大百科事典』第2巻はともに享和2年頃とする。なお、『浮世絵の基礎知識』は安永6年(1777年)とする。
  2. ^ 浮世絵太田記念美術館編集 『京都市プラハ姉妹都市提携1周年記念 プラハ国立美術館所蔵浮世絵展』 プラハ浮世絵展京都実行委員会、1997年2月27日、p.10。

参考文献[編集]

関連項目[編集]