歌川芳麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

歌川 芳麿(うたがわ よしまろ、天保9年5月4日1838年6月25日) - 明治17年(1884年4月18日)とは江戸時代末期から明治時代にかけての浮世絵師

来歴[編集]

歌川国芳の門人。姓は伊藤、名は重兵衛。一張斎、始めは芳麿、芳広と号した。画姓として歌川を称す。浅草三谷に生まれており、とび職の佐野屋の養子となった後、長じて伊藤氏を継いでいる。嘉永から明治10年代に活躍している。13歳の時に国芳に入門、山王氏神祭礼の大行灯をえがいて評判となり、師から芳麿の画号を受ける。また、浅草玉姫町の玉姫稲荷に扁額を描いている。文久元年(1861年)の国芳没後には上絵職を専業にしており、吉原花魁の打掛けや友禅模様などを描いていた。明治17年(1884年)死去。享年47。法名は真誉誠念居士。

参考文献[編集]

  • 樋口弘編 『幕末明治の浮世絵集成』味灯書屋、93頁 「芳麿」の項
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵第百科事典』第2巻 大修館書店、1982年 ※132頁 「芳広2」の項

関連項目[編集]