歌川芳盛 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二代目 歌川芳盛(にだいめ うたがわ よしもり、安政元年(1864年)4月 ‐ 没年不明)とは、江戸時代末期から明治時代にかけての浮世絵師

来歴[編集]

初代歌川芳盛の門人。本姓は正木、俗称福松。初名は盛政、または芳盛斎国晴。歌川の画姓を称し一光斎と号す。下谷車坂、後に浅草千束町二丁目に住む。慶応2年(1866年)初代芳盛の門に入り絵を学ひ、明治13年(1880年)2月に二代目芳盛を襲名した。作画期は明治20年代の頃で、浅草公園常盤座の看板絵も描いたと伝わる。

作品[編集]

参考文献[編集]