櫻の樹の下には

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
櫻の樹の下には
Beneath the Cherry Trees
著者 梶井基次郎
発行日 1928年12月5日
発行元 厚生閣書店季刊同人誌詩と詩論』第2冊)
ジャンル 短編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 雑誌掲載
公式サイト [1]
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

櫻の樹の下には』(さくらのきのしたには)は、梶井基次郎短編小説散文詩と見なされることもある。満開のかげろうの美のうちに屍体というを透視し、惨劇を想像するというデカダンス心理が、話者の「俺」が聞き手の「お前」に語りかけるという物語的手法で描かれている[1][2]。近代文学に新たな桜観をもたらした作品でもあり、「桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!」という衝撃的な冒頭文は有名である[3][4][注釈 1]

発表経過[編集]

1928年(昭和3年)12月5日発行の季刊同人誌詩と詩論』第2冊に掲載された[6][7][注釈 2]。その後、基次郎の死の前年の1931年(昭和6年)5月15日に武蔵野書院より刊行の作品集『檸檬』に収録された[7]。同書には他に17編の短編が収録されている[8]

翻訳版は、ジョン・ベスター・Stephen Dodd訳によりアメリカ(英題:Beneath the Cherry Trees、またはUnder the Cherry Trees)、Christine Kodama訳によりフランス(仏題:Sous les cerisiers)で行われている[9][10]

あらすじ[編集]

灼熱した生殖の幻覚させる後光のような、人の心を撲たずにはおかない、不思議な生き生きとした美しい満開のの情景を前に、逆に不安憂鬱に駆られた「俺」は、桜のが美しいのは樹の下に屍体が埋まっていて、その腐乱した液を桜のが吸っているからだと想像する。

そして薄羽かげろうの生とを見て、剃刀の刃に象徴される惨劇への期待を深める。花の美しい生の真っ盛りに、死のイメージを重ね合わせることで初めて心の均衡を得、自分を不安がらせた神秘から自由になることが出来ると、「俺」は「お前」に語る。

削除された最終断章[編集]

『櫻の樹の下には』は初出時、4つの断章で構成された作品であったが、刊行本『檸檬』収録時に最終章(冒頭部近くにある〈剃刀の刃〉の話に対応している後半部分)は削られたが、ここを何故、梶井が削除したかの理由は明らかではない[1][3][2]。〈剃刀の刃〉の話の削られた後半部分は以下の内容である。

――それにしても、俺が毎晩家へ帰つてゆくとき、暗のなかへ思ひ浮んで来る、剃刀の刃が、空を翔ぶのやうに、俺の頚動脈へかみついてくるのは何時だらう。これは洒落ではないのだが、その刃には、

 Ever Ready (さあ、何時なりと)
と書いてあるのさ。

— 梶井基次郎「櫻の樹の下には」(『詩と詩論』第2冊掲載)

作品背景[編集]

湯ヶ島滞在[編集]

梶井基次郎転地療養のため1926年(昭和元年)の大晦日から伊豆湯ヶ島を訪れ、川端康成の紹介で1927年(昭和2年)元旦から「湯川屋」に長期滞在するようになった[1][11](詳細は梶井基次郎#伊豆湯ヶ島へ――『青空』廃刊を参照)。2月中旬頃、大仁にかかっていた動物園動物下田へ移動する際、貨物自動車に載せられない大きなラクダ街道上を歩いていった[12][13][14]。その時、地域の小学校も臨時休校になり、ふだん静かな山里は一大イベントで賑わった。子供や村人に混じって基次郎と川端夫妻もその珍しい行進見物を楽しんだ[14][13]

一行が去った後も基次郎は、〈どこか あの日の巨大な足跡でも残つてゐないか〉と、伊豆の踊子に喩えたその〈可憐なものが歩いてゐる〉光景を心から〈想望〉し、その後も川端と2人で動物たちの話題に興じた[12][14]になると「湯川屋」の真向いからは、世古峡断崖に生える染井吉野が見られ、4月には満開の美しい山桜を眺めた[15]。都会では見られない風景植物昆虫、動物の生態(河鹿交尾、生け捕りにされた藪など)は、その後の基次郎の作品の題材になっていった[13][14][16]。4月に川端は横光利一の結婚披露宴出席を機に湯ヶ島を離れて東京に戻ったが、病状が一進一退の基次郎はその湯ヶ島の山里に長逗留することになった[13][14]

山の便りをお知らせいたします。八重がまだ咲き残つてゐます つつじがついたやうに咲いて来ました 石楠花は湯本館の玄関のところにあるのが一昨日一輪、今日は浄簾の滝の方で満開の一株を見ましたが大抵はまだもさしてゐない位です (中略)

今年に会ひ私のなによりの驚きは冬葉の落ち尽してゐた雑木林が薄紅に薄緑に若芽の瓦斯体を纏ひはじめた美しさでした これが日に日に生長してゆく眺めは私をよろこばせ、情なくさせ、そしてとうとう茫然とさせてしまひました

— 梶井基次郎「川端康成宛ての書簡」(昭和2年4月30日付)[17]

基次郎は、を下りて狩野川の支流・猫越川の川岸で河鹿を観察したり、ウスバカゲロウを見たりと様々な自然風景を眺めて魅せられていた[18][16]

谷をうすばかげろうが上つてゆく、この虫は此頃実に多い、此の間も今日河鹿を見たところで、岩の間の水溜りに それの数知れぬ一群が死んでゐた、水に泛んでゐる羽根で その水たまりは石油を流したやうな色がついてゐた — 梶井基次郎「淀野隆三宛ての書簡」(昭和2年5月6日付)[18]

6月頃には、川端の勧めで湯ヶ島にやって来た萩原朔太郎とも知り合いとなるが、萩原も湯ヶ島の桜に魅了され多くの作品を書いた[4]。この年の12月には、すでに『櫻の樹の下には』は創作・構想されていたとされる[19][2]。翌1928年(昭和3年)3月のノートには、『冬の蠅』の草稿、ボードレールの『巴里の憂鬱』の「エピローグ」の英訳の写しと共に、以下のような記述がある[20][2]

櫻の樹の下には屍体が埋まつてゐる
私逹は溪に沿つた街道の午後を散歩してゐた。

梶井基次郎「日記 草稿――第十二帖」(昭和3年・昭和4年)[20]

帰京後[編集]

1928年(昭和3年)5月10日前後に「湯川屋」を引き払い、東京市麻布区飯倉片町32番地(現・港区麻布台3丁目4番21号)の下宿に戻った梶井基次郎は、留守中に部屋を貸していた北川冬彦と同宿の伊藤整東京商科大学生)と初対面した[21][22][23]

基次郎と親しくなった伊藤整は、まだ発表していない作品の内容を聞かされ、その素晴らしさに興奮した[21]。その基次郎の語りでは、人間をはじめ鹿などの死体が満開の桜の樹の下に埋まっていて、その死体の破れた腹からは腐った内臓が見え、犬のつぶれた目からは液汁がどろどろ流れ出し、人の足の切り口も詳らかに描写されていた[21][24][23]

その物語のイメージは、湯ヶ島の「光線の強い風景」の中で着想されたものだと基次郎は語っていたという[21][3]。伊藤は、それを『マルドロールの歌』(ロートレアモン伯爵作)の一部にでもありそうな「人の眼を覆はせるやうな」が惨澹たる一節だったとしている[24]

それは、桜の透明になって、地面の下まで透いて見える、ということだ。桜の幹の中に在る数限りない細い管を、樹液が根の方から登って行くのが分る。そして桜の根元の地下には、色々な動物の死骸が埋まっている。それは鹿や、色々な動物である。その動物の腐敗した身体の方に、桜の根が生きもののように伸びて行って、毛細管がその死骸にからまっている。そしてその腐った死骸から養分を吸いとっては上の幹から枝へ、枝から花へと送っているのだ。

「でなければ、あんなに桜の花が美しいわけはないんだ。それだから桜の花はあんなに美しいんだよ」と梶井が言った。私は聞いていて、彼の話に感嘆した。すばらしい話だ、と私は思った。梶井のその話を聞いていると、桜の花が私の見て来たのよりもずっと美しく思われ、それ自体が生命の爆発であるように思われて来るのであった。

— 伊藤整「若い詩人の肖像」[25]

しかし8月中旬から体調が悪化し、毎日のように血痰を吐いて呼吸困難で歩けなくなるほど結核の病状が進んできたため、その様子を心配する友人達の強い勧めで、基次郎は9月に大阪市住吉区阿倍野町99番地の実家に帰郷した(詳細は梶井基次郎#帝大中退後――大阪帰郷へを参照)。そして北川冬彦から詩誌『詩と詩論』に寄稿依頼されていたことから、伊藤整に話していた物語の改稿に取りかかり、9月13日以降の10月頃から本稿執筆を始めた[3][注釈 3]

伊藤整は、12月に発表された『櫻の樹の下には』を期待して読んだが、下宿で基次郎のその風貌と声で聞いた「滋味」のある内容よりも短く整理されていたために、小説としての魅力が薄れていると思った[21][3]。また、これが詩欄に掲載されたことに基次郎はやや不満げで、しきりに「小説であること」を伊藤に繰り返したという[21][注釈 4]

作品評価・研究[編集]

『櫻の樹の下には』は、基次郎の作品の中では短い方であるが、〈桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!〉という冒頭の文章が印象に残る人気作で、他の作品と比べ、「かなり強いイメージの比喩」が多用されている[1]鈴木貞美は、「を対置し、美のうちに“惨劇”を見出すデカダンスの美意識とその心理」が描かれている作品だと解説している[1]

伊藤整は、実際に基次郎から直接語られた内容がとても衝撃的で素晴らしかったために、整理・短縮されていた発表作に失望感を抱き、「日光浴で真黒になつた目の細い顔から白い歯を出して語る梶井自身の姿の魅力がなくなつてゐた」と思ったが、それは『櫻の樹の下には』が「凡作だといふことでは決して無い」と解説し[21]、日本人の観念には珍しい印象でありながらも、「読了の感じは、やつぱりなにかしら、植物性のものであり、植物の美しさをこれほどみなぎらした作品を私は知らない」と高評している[24]

日本の近代作家の中でこんな美しい幻想散文に描いたのは、あるひは谷崎潤一郎の「母を恋ふるの記」にのみ較べられるやうなことではないかと思はれる。日本の小説家の作れない種類の美しいイメージがこの作品にはある。

最もボオドレエル的な精神で書かれてゐながら、その類型はボオドレエルの「散文詩」の中に全く見当らないことも、彼のために書いておかねばならないだらう。しかし私は失望した。彼の話しかたがあまり素晴らしかつたのである。そして今では彼のこの作品をあの話の輪郭として見、話の味を思ひ出す糸口としてやつぱり美しいと思つてゐる。

— 伊藤整「小説作法(第一話)」[21]

柏倉康夫は、刊行本『檸檬』収録時に削除された〈剃刀の刃〉の話の最終章について、「これがないと作品の整合性は崩れるのだが、その一方で話がボードレールの散文詩のように作り物じみてしまうきらいがあって、梶井はあえて削除したのであろう」と考察している[3]

桐山金吾は、話者の〈俺〉が、華麗に咲く満開の桜の花のあまりの美しさに、逆に〈不安〉と〈憂鬱〉に陥るが、〈桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる〉と信じることにより、〈不安がらせた神秘〉から解放され心が和むことから、「美に対する心象が明確なかたちを浮びあがらせてくる、生と死の平衡感覚を描いた作品である」と解説している[26]

『櫻の樹の下には』の末尾の〈今こそ俺は、あの櫻の樹の下で酒宴をひらいてゐる村人たちと同じ権利で、花見が呑めさうな気がする〉の一節について相馬庸郎は、「庶民」を「芸術的に発見」したのだと位置づけている[27]。これに対し、飛高隆夫は反論して、「生活者の論理に対抗し得る芸術の論理の獲得」を意味していると解説している[28]

吉川将弘は『櫻の樹の下には』が「物語体小説」だということを重視しながら、〈俺〉が〈わかつた〉と感じたのは、「生命誕生と終わりは表裏一体の物である」ということだとし、「誕生はどんなに美しくとも、裏側に壮絶な死を隠しており、死はどんなに汚らわしくとも、美しい誕生に繋がっているということである」と考察しながら[2]、話者の〈俺〉が〈お前〉に求めているのは、単なる理解だけでなく、自分と〈お前〉を重ね合わせようとしているとし、「その思想を、二人で共有しようという願い、共同体を作ろうという願いが、そこにはある」と論考している[2]

参考[編集]

欧米には、「薔薇の下で」という、ラテン語sub rosa英語ではunder the roseという表現があり、「秘密に」という意味にもなる。梶井が参考にしたかどうかは不明である。

おもな収録本[編集]

アンソロジー収録[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 共通する桜イメージを主題にした作品に坂口安吾の『桜の森の満開の下』がある[5]村上龍などはこの冒頭の一文に影響され、『櫻の樹の下には瓦礫が埋まっている。』というタイトルの随筆集を出版している。
  2. ^ 短い作品のため、すでに『近代風景』5月号に発表済みの「器楽的幻覚」も同時に掲載された[6]
  3. ^ 詩誌『詩と詩論』は春山行夫が主宰し、北川冬彦安西冬衛飯島正神原泰近藤東竹中郁などの前衛的詩人が参加していた[3]
  4. ^ しかし『詩と詩論』には、「小説」欄はなく、「エッセイ」「詩」「ノオト」「エスキース」「批評その他」の欄だけであった[21][3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 湯ヶ島の日々」(アルバム梶井 1985, pp. 65-83)
  2. ^ a b c d e f 吉川 1995
  3. ^ a b c d e f g h 「第四部 第二章 帰阪」(柏倉 2010, pp. 367-376)
  4. ^ a b 市川 2005
  5. ^ 応傑 2006
  6. ^ a b 「第十二章 小さき町にて――王子町四十四番地」(大谷 2002, pp. 259-282)
  7. ^ a b 鈴木貞美「梶井基次郎年譜」(別巻 2000, pp. 454-503)
  8. ^ 藤本寿彦「書誌」(別巻 2000, pp. 516-552)
  9. ^ ウィリアム・J・タイラー編「外国語翻訳及び研究」(別巻 2000, pp. 640-642)
  10. ^ Dodd 2014
  11. ^ 「第八章 冬至の落日――飯倉片町にて」(大谷 2002, pp. 162-195)
  12. ^ a b 淀野隆三宛て」(昭和2年3月7日付)。新3巻 2000, pp. 197-199に所収
  13. ^ a b c d 「第九章 白日の闇――湯ヶ島その一」(大谷 2002, pp. 196-215)
  14. ^ a b c d e 「第三部 第五章 三好との友情」(柏倉 2010, pp. 280-289)
  15. ^ 「淀野隆三宛て」(昭和2年4月10日付)。新3巻 2000, pp. 207-211に所収
  16. ^ a b 「第三部 第六章 素材」(柏倉 2010, pp. 290-299)
  17. ^ 川端康成宛て」(昭和2年4月30日付)。新3巻 2000, pp. 217-219に所収
  18. ^ a b 「淀野隆三宛て」(昭和2年5月6日付)。新3巻 2000, pp. 221-222に所収
  19. ^ 「淀野隆三宛て」(昭和6年4月6日、12日付)。新3巻 2000, pp. 403-406に所収
  20. ^ a b 「日記 草稿――第十二帖」(昭和3年・昭和4年)。旧2巻 1966, pp. 424-444に所収
  21. ^ a b c d e f g h i 伊藤整「小説作法(第一話)」(月刊文章 1939年3月号)。別巻 2000, pp. 113-117に所収
  22. ^ 伊藤整「文学的青春傳(抄)」(群像 1951年3月号)。別巻 2000, pp. 207-209に所収
  23. ^ a b 「第十一章 悲しき突撃――再び東京へ」(大谷 2002, pp. 243-258)
  24. ^ a b c 伊藤整「櫻の樹の下には」(作品 1932年6月・追悼特集補遺号)。別巻 2000, pp. 316-318に所収
  25. ^ 伊藤整『若い詩人の肖像』(新潮社、1958年12月)。市川 2005, p. 89
  26. ^ 桐山金吾「梶井基次郎『桜の樹の下には』の成立とボードレール的世界」(国学院雑誌 1986年12月)。吉川 1995, p. 29
  27. ^ 相馬庸郎「梶井基次郎・序説」(『橋本佳先生還暦記念文集』 1964年5月)。吉川 1995, p. 29
  28. ^ 飛高隆夫「梶井基次郎ノート―湯ヶ島時代の文学」(大妻国文 1971年3月)。吉川 1995, p. 29

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]