橘湾火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Crystal energy.svg 橘湾火力発電所
橘湾火力発電所
橘湾火力発電所
種類 火力発電所
電気事業者 電源開発
所在地 日本の旗 日本
徳島県阿南市橘町小勝3番地
北緯33度51分22.6秒 東経134度39分5.2秒 / 北緯33.856278度 東経134.651444度 / 33.856278; 134.651444座標: 北緯33度51分22.6秒 東経134度39分5.2秒 / 北緯33.856278度 東経134.651444度 / 33.856278; 134.651444
1号機
発電方式 汽力発電
出力 105万 kW
燃料 石炭
熱効率 45%(LHV)
営業運転開始日 2000年7月27日
2号機
発電方式 汽力発電
出力 105万 kW
燃料 石炭
熱効率 45%(LHV)
営業運転開始日 2000年12月15日
公式サイト:橘湾火力発電所
テンプレートを表示

橘湾火力発電所(たちばなわんかりょくはつでんしょ)は、徳島県阿南市橘町小勝3にある電源開発石炭火力発電所

概要[編集]

2000年平成12年)7月に1号機が運転を開始、2号機までが建設された。発電された電力[1]は、3分の2が紀伊水道直流連系設備(阿南紀北直流幹線)で紀伊水道を渡り、関西電力(受電140万kW)に送電されるほか、四国電力(受電30万kW)と中国電力(受電30万kW)、九州電力(受電9.4万kW)も受電している[2]

1・2号機とも国内最大の出力105万kWであり、総出力でも中国・四国地方最大出力の火力発電所である。発電効率向上のため、主蒸気温度600℃、再熱蒸気温度610℃、主蒸気圧力25.0MPaとした超々臨界圧ボイラーおよび蒸気タービンを採用した。

海外から輸送され、ここで陸揚げされた石炭は、小型石炭輸送船に積み替え、高砂火力発電所でも使用される。また四国電力と共同で、PR施設「Jパワー&よんでんワンダーランド」を運営している。

隣接して四国電力橘湾発電所阿南発電所がある。

発電設備[編集]

  • 総出力:210万kW[3]
1号機
定格出力:105万kW
使用燃料:石炭
蒸気条件:超々臨界圧Ultra Super Critical)
熱効率:45%(低位発熱量基準)
営業運転開始:2000年(平成12年)7月27日
2号機
定格出力:105万kW
使用燃料:石炭
蒸気条件:超々臨界圧(USC)
熱効率:45%(低位発熱量基準)
営業運転開始:2000年(平成12年)12月15日

アクセス[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]