橘忠衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橘 忠衛(たちばな ただえ、男性、1909年 - 1975年3月15日)は、英文学者。

高知県香美郡(現・香美市)に生まれる。高知高等学校を経て、1931年東北帝国大学英文科卒業、外務省嘱託、神戸大学助教授、明治大学教授を歴任。シェイクスピアゲーテを研究した。

著書[編集]

  • シェイクスピア研究 ロオマ史劇 桜井書店 1947
  • 火炎の車 シェイクスピアとゲーテ 英宝社 1965
  • 火崑岡に炎ゆれば 橘忠衛エッセイ集 英宝社 1977

翻訳[編集]

  • 詩のための詩 アンドルウ・セスル・ブラッドリ 岩波文庫 1941
  • 英雄と詩人 グンドルフ 桜井書店 1943
  • ダンテ ヂョン・アディングトン・シモンヅ 桜井書店 1944
  • シェイクスピアの六悲劇 ジョン・ドウヴァ・ウィルスン 岡崎康一、増田秀男共訳 八潮出版社 1969