橘家圓三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橘家 圓三(たちばなや えんざ)は、落語。「橘家」の亭号は元来、東京三遊亭の傍流であるが、当代は上方落語家

三遊亭 圓三[編集]

三遊亭 圓三[編集]

三遊亭 圓三[編集]

先々代?[編集]

橘家 圓三(たちばなや えんざ、1876年 - 大正中期?)は、上方落語家。本名: 小笠原辰五郎。

豊前国小倉藩士小笠原幾之進の子。寺の坊主をやっていたが飛び出し大阪乾物屋奉公、そこも辞め、桂文左衛門の門下で文平、主に新作を多く残す。後に1906年初代橘ノ圓の「圓頂派」の結成に参加し、翌年1907年頃に初代橘ノ圓の門下で圓三となった。

神戸を拠点とし時折幇間も行なっていた。大正中期消息はわかっていない。没年も不詳。

先代?[編集]

橘家 圓三(たちばなや えんざ、1867年7月 - 1940年以降?)は、東京の落語家。本名: 加藤銀次郎。

初め4代目三遊亭圓生の門下で遊生を名乗り、1897年頃に三遊亭圓三から明治末に橘家圓三と改める。

明治末から大正へかけ4代目橘家圓蔵の番頭格で、「品川の馬鹿銀」と呼ばれて勢力を振るった。遊生時代から噺よりも川上音二郎の色声を得意とした。晩年は北品川の清水横丁で芸者屋を営み、女房も芸者で出ていた。震災前までの番付等には名前が見えており、1940年頃までは存命だったという。6代目三遊亭圓生によると1940年1月に義父5代目三遊亭圓生の葬儀に参列しているのを見たという。享年不詳。

当代[編集]

橘家 圓三たちばなや えんざ
本名 土居成
生年月日 (1947-11-14) 1947年11月14日(71歳)
出生地 日本の旗 日本広島県
師匠 3代目林家染丸
2代目笑福亭松之助
橘ノ圓都
3代目桂米朝
名跡 1. 林家染和(1967年 - 1968年)
2. 笑福亭つる松(1968年 - ?)
3. 明石家つる松(時期不明)
4. 橋本円三(時期不明)
5. 扇屋円三(? - 1971年)
6. 橘家圓三(1971年 - )
活動期間 1967年 -
所属 フリー
備考
上方落語協会会員

橘家 圓三(たちばなや えんざ、1947年11月14日 - )は、上方落語家。本名: 土居成(どいしげる)。

現在、上方で「橘家」を名乗る唯一の落語家。

愛媛県生まれ、大阪市旭区育ち。興國高校卒業、1967年4月、3代目林家染丸に入門、林家染和で初高座。染丸の死後の1968年6月に2代目笑福亭松之助門下に移り笑福亭つる松、明石家つる松。その後、橋本円三、扇屋円三を経て、1971年橘ノ圓都門下に移り、橘家圓三を名乗る。圓都の死後の1972年8月に3代目桂米朝の預かり弟子となる。

40歳以降は医療関係書籍の編集出版を手がけ、食、健康、介護に関する講演も行っている。若手の時からその実力に注目されていたが、このころは、落語家として高座には上がっていなかった。

2012年2月、8月の2代目桂ざこばの動楽亭で高座に復帰。以降不定期ながら動楽亭に出演。

出典[編集]