橘娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橘娘(たちばなのいらつめ、? - 天武天皇10年2月29日681年))は、飛鳥時代の女性。阿倍倉梯麻呂(内麻呂)の娘。

天智天皇の妃となり、明日香皇女新田部皇女を生む。姉妹には、孝徳天皇の妃となった小足媛がいる。またの名を阿倍夫人とも伝えられている。

系譜[編集]