橋田東聲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
橋田東声から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

橋田 東聲(はしだ とうせい、1886年12月20日 - 1930年12月20日)は、日本の歌人経済学者

来歴[編集]

高知県中村市生まれ。本名・丑吾。中村中学時代に短歌をはじめ、第七高等学校在学中に『明星』の社友となる。級友には中村憲吉東京帝国大学法学部卒。在学中、伊藤左千夫に師事。小説新劇にも興味を持ち、森田草平と同居をしていた。東京日日新聞に勤務を経て、1919年歌誌『覇王樹』を創刊し主宰。文部省嘱託、明治大学講師をへて、1930年東京外国語学校教授に任命されたが、二日後の12月20日に腸チフスのため本郷の東京帝国大学伝染病研究所附属病院で死去した。戒名は誠心院事観日声居士[1]善正寺に分骨墓がある。

妻は同じく歌人で『平城山』の作詞者でもある北見志保子。しかし後に協議離婚し、志保子は東聲の弟子であった浜忠次郎と再婚した。直木賞作家の小山いと子は弟子。

著書[編集]

  • マグダ及其研究 ズーデルマン青年学芸社 1914 世界学芸エッセンスシリーズ
  • 現代名歌選 註釈 白日社出版部 1916
  • 農業倉庫経営論 東京出版社 1918
  • 地懐 歌集 東雲堂書店 1921
  • 自然と韻律 評論集 高陽社 1924
  • 正岡子規歌集 新釈 紅玉堂書店 1924 新釈和歌叢書
  • 静夜歌話 春秋社 1925
  • 評釈万葉集傑作選 聚芳閣 1925
  • 万葉女流歌人歌集 新釈 紅玉堂 1925 新釈和歌叢書
  • 土の人長塚節 春陽堂 1926 覇王樹叢書
  • 正岡子規全伝 春陽堂 1927
  • 新釈長塚節歌集 紅玉堂書店 1928 新釈和歌叢書
  • 子規と節と左千夫 富士書房 1929
  • 短歌初学 立命館出版部 1931 覇王樹叢書
  • 万葉集評釈 傑作選 成光館出版部 1933
  • 無限の道 無限の道発行所 1933
  • 地懐 歌集 2002.8 短歌新聞社文庫

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)260頁

参考[編集]