橋本萬太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橋本 萬太郎(はしもと まんたろう、1932年11月26日 - 1987年6月7日)は、日本言語学者である。中国語研究から、言語類型論言語地理学を結び付けた言語類型地理論を提唱した[1]

経歴[編集]

群馬県新田郡沢野村(現太田市)生まれ。群馬県立太田高等学校1955年東京大学文学部中国文学科卒、1960年大学院博士課程中退、1965年オハイオ州立大学言語学博士号を取得。1966年2月から8月までハワイ大学助教授、4月大阪市立大学講師1967年助教授、1968年9月プリンストン大学准教授1970年7月東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教授、1973年6月教授[1][2]

妻の余靄芹 (Anne Oi‑kan Yue‑Hashimoto) も言語学者である。

研究[編集]

橋本はシナ語派の諸言語を精密に観察し、海南島で話される言語閩語の一種であることを明らかにした。

また、従来の比較言語学による系統論的分析によらずとも、アジア大陸の諸言語は系統が異なっていても、ひとつの連続帯を構成していると考え、言語類型地理論を開発した[3]

統辞構造などの特徴によって地域分布を類型分析すると、粤語から北方方言に至る中国の諸言語において、南ほどタイ・カダイ的で、単音節語が多く、声調が多く、SVO型であり、北ほどアルタイ的で、多音節語が多く、声調が少なく、SOV型であることを指摘し、古代漢語から現代漢語への変化が、南から北への変化と等しいことを示した[4]。例えば以下の古代と現代の文では語順が全く異なる。

  • 古代: 呉 敗 越 于夫椒。 (は夫椒でを破った。 主語 - 動詞 - 目的語 - 副詞)
  • 現代: 呉軍 在夫椒 把越軍 打敗了。 (〃 主語-副詞-目的語-動詞)

そしてこれを、中国大陸では古代から一貫して北から南への人口移動があり、中国語自体が北方化したためであるとした。また、漢字が北方を中心とする周圏分布をなすことを示した[4]。古代漢語、粤語日本語で「目」、「口」、「食」、「飲」と書くところを、現代北方語では「眼睛」、「嘴」、「吃」、「喝」と書く。

統辞構造の変化は時間的歴史的にもみられ、代の甲骨文をみると「猶大」(大いなる道)「祖甲」(甲という祖先)「丘商」(商の丘)など、修飾語を被修飾語の後ろに重ねていく順行構造をもっていた。これは現在のタイ語カンボジア語マレー語などの南方系言語も同じである。ところが代以降、とくに春秋時代(紀元前8世紀ごろ)以降、「大道」「甲祖」など、修飾語が被修飾語の前につく逆行構造へ変化する。この中国語の名詞句の変化の時期について橋本は紀元前10世紀末とみなした。さらに動詞の変化については一世紀ほどおくれて紀元前1000年初頭と推定した。周による諸民族の統合同化によって、これらの言語構造の変化が生じて、のちの漢民族の形成となったと橋本はみなしている[5]

著書[編集]

単著[編集]

  • 客家語基礎語彙集 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 1972-73
  • 言語類型地理論 1978.1 (弘文堂選書)
  • 現代博言学 言語研究の最前線 大修館書店 1981.2
  • 納西語料 故橋本万太郎教授による調査資料 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 1988.3
  • 橋本萬太郎著作集 全3巻 内山書店 1999-2000

編纂[編集]

  • 世界の中の日本文字 その優れたシステムとはたらき 弘文堂 1980.3

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 橋本萬太郎紀念中国語学論集 / 余靄芹,遠藤光暁編 内山書店 1997.6

記念賞[編集]

国際中国語言学学会 (International Association of Chinese Linguistics, IACL) では、橋本を記念して橋本萬太郎歴史音韻学賞 (Mantaro J. Hashimoto Award) を設けている[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 中嶋幹起 (2001), “橋本萬太郎”, 言語の 20 世紀 101 人, 東京: 大修館書店 
  2. ^ http://repository.tufs.ac.jp/bitstream/10108/23914/1/jaas035010.pdf
  3. ^ 橋本萬太郎「言語類型地理論」1978弘文堂。また佐々木高明『日本文化の多重構造−アジア的視野から日本文化を再考する』小学館,1997,pp.53-57
  4. ^ a b 橋本萬太郎 (1978), 言語類型地理論, 弘文堂, ISBN 978-4-335-56031-6 
  5. ^ 橋本萬太郎「言語類型地理論」1978弘文堂。また佐々木高明『日本文化の多重構造−アジア的視野から日本文化を再考する』小学館,1997,p57
  6. ^ The IACL Awards, International Association of Chinese Linguistics, http://www.iacling.org/ysa.htm 2008年7月14日閲覧。