橋本昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界学生
1968 リスボン 中量級

橋本 昇(はしもと のぼる、1948年2月6日 - )は、福岡県北九州市出身の、日本柔道家。階級は中量級(80kg級)[1][2]

経歴[編集]

天理高校1年の時にインターハイの団体戦で優勝を飾った。3年の時にはインターハイの団体戦で2位にとどまった[3]天理大学へ進むと、2年の時には優勝大会でチームの優勝に貢献した[4]。3年の時には体重別の中量級で3位に入った。続いてリスボンで開催された世界学生の中量級では決勝でフランスのタベルナを上四方固で破ったのをはじめオール一本勝ちして優勝を飾った。団体戦でも決勝のフランス戦を始めとして全て一本勝ちでチームの優勝に貢献した[5]全日本学生選手権の中量級では3位にとどまった[1]。 引退後は柔道整復師となって「橋本接骨院」を開業した。また、東京有明医療大学の教授にも就任。さらには、全柔連の医科学委員会特別委員にも就任した[6][7]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]