橋本成一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橋本 成一郎(はしもと せいいちろう、1940年 - 1996年4月14日)は、実業家。元横綱北の富士の現役時代の名古屋後援会副会長、元関脇高鐵山大鳴戸親方が経営した大鳴戸部屋の後援会会長を務めた。

人物[編集]

バーキャバレーを経営し、昭和40年代には北の富士の名古屋後援会の副会長を務めた。元大鳴戸親方の著書によれば、第52代横綱・北の富士の横綱昇進・優勝では八百長資金面などをバックアップ。黒幕として暗躍したとされ、多大な尽力があったとされている。しかし、同著によると、北の富士の11回目の優勝のために八百長資金を用意したが、その金銭を北の富士が私用に利用したことを機に北の富士と決裂し、その後独立した元高鐵山の大鳴戸部屋の後援会会長として大鳴戸部屋の最大のタニマチとして存在した。

一部報道では幕下まで昇進した元力士とされている[1]が、大鳴戸の著書内の証言では自身を「素人」と称している。また佐渡ヶ嶽部屋に所属していた「琴登」であるとする説[2]もあり、琴登の初土俵の時期などは橋本の経歴と辻褄が合っているが、最高位は三段目であり前述の報道とは異なる[3]

週刊ポスト誌上では、元大鳴戸親方とともに角界の八百長体質などの裏事情を暴露。しかし、1996年(平成8年)に元大鳴戸親方と同じ日・同じ病院・同じ病気(肺炎)で死亡(同時刻とされることも多いがこれは誤りであり、元大鳴戸は午前4時45分、橋本は午後7時48分に死亡している[4]。橋本の次男によると元大鳴戸死亡の報に対し橋本は「悔しい」と漏らしたという[1])。そのため、利権関係者による暗殺説が囁かれた。[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2011年2月8日付『信濃毎日新聞』の特集「角界存亡」より(記事の配信元は共同通信社)。なお特集中では北の富士の名は明かされていない。
  2. ^ [1]
  3. ^ 琴登 力士情報 相撲レファレンス
  4. ^ 角界関係者死亡年月日一覧表3
  5. ^ 他方で安部譲二は自著『日本怪死人列伝』で「2人とも10日ほど前は豪遊していたが、ソープランドに入った際にきちんと清掃されていなかったエアコンから肺炎の菌をたっぷりと吸い込んだ」と死因を推測しており、暗殺説を否定している。