橋本和仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

橋本 和仁(はしもと かずひと、1955年6月23日[1] - )は、物理化学を専門とする日本化学者東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻教授兼同大学先端科学技術研究センター教授。北海道空知郡南幌町生まれ。

研究[編集]

半導体光触媒、有機高分子太陽電池、微生物太陽電池、無機人工光合成材料など、光エネルギーの変換、環境浄化に関し、基礎原理の追求から実社会への応用まで幅広く研究を展開している。例えば、可視光応答光触媒材料の開発と抗菌・抗ウイルス効果の検証、人工光合成無機ナノデバイスの開発、自己組織化高分子材料によるナノ構造制御と太陽電池デバイスの作成、微生物の細胞外電子移動の機構解明と微生物燃料電池、微生物太陽電池の構築などが具体的な研究課題。原著論文550報、総説約200報、特許約300編。

経歴[編集]

1978年(昭和53年)に東京大学理学部化学科、1980年(昭和55年)に同大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程を卒業後、分子科学研究所(岡崎)、および東京大学において、半導体光触媒太陽電池、光機能性材料等の分野で基礎原理探究から実用化まで幅広く研究を展開し、当該分野における第一人者として最先端の研究活動を先導している。特に、藤嶋昭(現在東京理科大学学長)とともに発見した、酸化チタンの光触媒反応・光誘起親水化反応研究、およびそれを産業展開した光触媒ナノコーティング材料は様々な分野で、21世紀型の環境にやさしい材料として製品化されている。日本オリジナルの、サイエンスイノベーションが切り開く産業創造のモデルケースとして、広く注目されている。さらに、光磁性材料、多電子移動電極触媒、微生物の細胞外電子移動などエネルギー、環境化学にかかわる広い分野での研究にも従事している。

これらの業績により、内閣総理大臣賞恩賜発明賞を始め多くの顕彰を授与され、また、大学のみならず、文部科学省科学技術振興機構(JST)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)等の様々な研究開発プロジェクトでディレクターやリーダーを務めている。

さらに第2次安倍内閣発足に伴い、2013年より日本経済再生本部に設置された産業競争力会議において唯一の科学者として10名の民間議員の一人に任命された。また内閣府総合科学技術会議の8名の民間議員の一人としても任命されており、我が国における国家戦略としての科学技術イノベーション政策に重要な役割を担っている。

学歴[編集]

職歴[編集]

政府公職[編集]

2014年3月現在。

兼職[編集]

2014年3月現在。

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本IBM科学賞 歴代受賞者一覧”. 日本IBM. 2012年1月31日閲覧。

外部リンク[編集]