橋本勝也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橋本 勝也(はしもと かつや、1972年 - )は、日本文芸評論家ニューヨーク出身。2008年、『文學界』新人小説月評担当。

受賞・候補歴[編集]

  • 2004年、「「「編集」から「併置」へ」」で第47回群像新人文学賞最終候補。
  • 2005年、「万年筆とキーボード」で第1回日本SF評論賞最終候補。
  • 2006年、「『メタボリック文学』に抗って」で第2回日本SF評論賞最終候補。
  • 2007年、「具体的(デジタル)な指触り(キータッチ)」が第50回群像新人文学賞の優秀作に選ばれる。