橋本ときお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橋本 ときお(はしもと- 本名・登喜男、1933年11月15日 - )は、日本児童文学作家

来歴・人物[編集]

石川県珠洲郡(現在の珠洲市)生まれ。金沢大学教育学部卒。地元の小学校に勤務、旧粟津小学校長等を務める。1957年「石川児童文学集団」、59年「北陸児童文学協会」を設立、代表となる。機関紙『つのぶえ』を刊行。『ひとりぼっちの政一』が読書感想文指定図書となる。2011年瑞宝双光章受章[1]

著書[編集]

  • トキのいる山』梶山俊夫画 牧書店 1970 新少年少女教養文庫
  • 『ひとりぼっちの政一』北島新平画 牧書店 1971 新少年少女教養文庫 のちアリス館より復刻 
  • 『百様タイコ』北島新平画 牧書店 1972 新少年少女教養文庫
  • 『わんぱくクラスは26人』熊谷よしゆき画 牧書店 1973 新少年少女教養文庫
  • 『ユキエちゃんをさがせ ちんこい村のものがたり』津田魯冬画 ポプラ社 1980 絵本・こどもの世界
  • 『ヒデオのひみつ』原ゆたか画 学校図書 1982

参考[編集]