橋口稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

橋口 稔(はしぐち みのる、1930年5月30日 -2020年9月18日)は、日本英文学者、翻訳家東京大学教養学部名誉教授。 20世紀英国文学が専門。巖谷小波の次女の次男。元広島銀行頭取橋口収は叔父にあたる。

略歴[編集]

神奈川県出身。1953年東京大学英文科卒業、東京大学教養学部助手、専任講師、助教授、教授を経て1991年に定年退官、名誉教授、鶴見大学教授。2001年退職[1]。 2010年瑞宝中綬章受勲。2014年巌谷小波に関する研究で巖谷小波文芸賞特別賞受賞[2]

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『ニュークリティシズム辞典』(小川和夫共編、研究社出版) 1961
  • 『新しい詩を読む 現代イギリス・アメリカの詩』(合評:金関寿夫川崎寿彦、研究社出版) 1972
  • 『コンパクトイギリス文学史』(荒竹出版) 1983
  • 『イギリス文化事典』(大修館書店) 2003

翻訳[編集]

アラン・シリトー[編集]

  • 『ウィリアム・ポスターズの死』(アラン・シリトー集英社) 1969、集英社文庫 1979
  • 『屑屋の娘』(アラン・シリトー、河野一郎共訳、集英社) 1969、集英社文庫 1977
  • 『グスマン帰れ』(アラン・シリトー、集英社) 1970、集英社文庫 1978
  • 『ノッティンガム物語』(アラン・シリトー、阿波保喬共訳、集英社) 1975、集英社文庫 1979

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 日本青少年文化センター