樺島勝一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

樺島 勝一(かばしま かついち、1888年7月21日 - 1965年5月31日)は日本の挿絵画家、漫画家である。長崎県諫早市生まれ。 本名、椛島 勝一(かばしま かついち)。

大正末期から昭和前期にかけて次々と「少年倶楽部」(講談社)などの少年雑誌が創刊され、なかでも人気を博していた山中峯太郎南洋一郎海野十三等の「軍事・冒険小説」に軍艦戦車飛行機動物などの重厚で細密なペン画を提供し「船のカバシマ」などの異名を得た。

代表作に『正チャンの冒険』、『敵中横断三百里』、『亜細亜の曙』、『吼える密林』など。

略歴[編集]

少年時代に、長崎より鹿児島市に移る。高等商業学校に進学するも生来の吃音のため商人には向かないと考え中退、上京し画業にはいるが貧しいため美術学校に通う事もかなわず洋書の「ジオグラフィック・マガジン」のペン画を見て独自の細密描写の技法を確立した。

その後、朝日新聞東京本社の専属画工となり、1923年11月から「東風人」の筆名で織田小星と『正チャンの冒険』を朝日新聞に連載。主人公「正チャン」のかぶっている後ろ頭に玉のついた手製の帽子が「正チャン帽」と呼ばれて大流行した。

戦後はメカニックなイラストの世界は帆船軍艦プロペラ機がリアリティーを持つ時代からロケット人工衛星ジェット機・未来都市(「レトロフューチャー」参照)の時代に移り変わり、小松崎茂など新世代の挿絵画家に次第に席を譲っていくが晩年まで絵筆をにぎり続けた。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]