樫村千秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
樫村 千秋
かしむら ちあき
生年月日 1944年1月17日
出生地 茨城県
没年月日 (2016-11-08) 2016年11月8日(72歳没)
出身校 関東学院大学経済学部経営学科
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 1999年5月1日 - 2011年4月30日
テンプレートを表示

樫村 千秋(かしむら ちあき、1944年1月17日 - 2016年11月8日)は、日本政治家。元日立市(3期)。

来歴・人物[編集]

茨城県出身。1966年(昭和41)関東学院大学経済学部経営学科卒業。経営学科1期生となる[1]。卒業後は茨城県庁に就職。1993年(平成5)茨城県総務部知事広報室課長、1996年(平成8)茨城県総務部地方課長、1998年(平成10)茨城県総務部知事公室長を歴任。

1999年(平成11)2月、茨城県庁を退職。同年4月、日立市長選挙に初当選[2]。2011年(平成23)4月まで3期に渡り日立市長となる。日立市長としての実績は旧十王町との合併が挙げられる。

2016年(平成28)11月8日、死去。72歳没。12月1日に日立市名誉市民に選定され、12月13日に市葬が執り行われた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 現在の関東学院大学経営学部経営学科になる
  2. ^ 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』137頁。
  3. ^ 日立市HP

参考文献[編集]