樫尾直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

樫尾 直樹(かしお なおき、1963年4月1日[1] - )は、日本社会学者慶應義塾大学文学部准教授。

人物・経歴[編集]

富山県出身。1986年慶應義塾大学経済学部卒業。1995年東京大学大学院人文科学研究科宗教学・宗教史学専攻博士課程修了。早稲田大学人間科学部助手・東京外国語大学外国語学部助手などを経て、現在慶應義塾大学文学部准教授。専門は宗教学。新宗教運動の人類学的調査研究を行い、日本、韓国フランスフィールドワークの対象としている。坐禅と道教瞑想を日課とし、身体実践を通じた比較瞑想論と宗教間対話論を提唱。瞑想行の一般理論構築を目指している。

好きなものはラーメン二郎

著書[編集]

  • 『スピリチュアリティ革命ーー現代霊性文化と開かれた宗教の可能性』(春秋社、2010年)
  • 『スピリチュアル・ライフのすすめ』(文春新書、2010年)
  • 『図解ポケット マインドフルネスがよくわかる本』(秀和システム、2019年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『スピリチュアリティを生きる―新しい絆を求めて』(せりか書房、2002年)
  • 『文化と霊性』(慶應義塾大学出版会、2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.308

関連項目[編集]

外部リンク[編集]