横須賀市警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横須賀市警察(よこすかしけいさつ)は、かつて存在した神奈川県横須賀市自治体警察

概要[編集]

旧警察法施行で、従来の神奈川県警察部が解体され、1948年(昭和23年)3月7日に横須賀市警察本部を横須賀警察署内に設置し、従来の横須賀警察署浦賀警察署に加えて、新設された逗子警察署の3署体制で発足した。同年12月15日には、田浦警察署と武山警察署を設置し、5署体制となった。2年後の1950年(昭和25年)に、市内の逗子地区が逗子町(現在の逗子市)として分離したため、警察も分離した。

1953年(昭和28年)1月18日には、横須賀市議会が自治体警察廃止反対を決議するなどしたものの、1954年(昭和29年)7月1日に、旧警察法が全面改正される形で新警察法が公布された。これにより国家地方警察と自治体警察が廃止され、新たに都道府県警察として神奈川県警察本部が発足。横須賀市警察も神奈川県警察に統合され、姿を消した。

組織[編集]

1953年(昭和28年)時点

  • 警務部
    • 警務課、会計課、秘書調査室
  • 公安部
    • 警備課、警ら交通課
  • 刑事部
    • 防犯課、捜査課

警察署[編集]

1953年(昭和28年)時点

  • 横須賀警察署
  • 浦賀警察署
  • 田浦警察署
  • 武山警察署…神奈川県警察の発足に伴い、横須賀警察署に統合された。

関連項目[編集]