横田城 (陸奥国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
横田城
岩手県
築城年 鎌倉時代初期

横田城(よこたじょう)は岩手県遠野市にかつて存在した日本の城。別称、護摩堂城。

陸奥国閉伊郡遠野保にあった鎌倉期から戦国期の城郭。阿曽沼氏の居城。護摩堂山にあり、両側を沢で囲まれた扇状地猿ヶ石川に面した緩斜面地となっており、300x200mの台地に幅の広い空濠が残っている。城下には家臣屋敷が配されて、一日市などがあった。

歴史・沿革[編集]

文治5年(1189年)あるいは建保年間(1213~19年)には阿曽沼広綱の次男親綱が護摩堂山に創建した[1]と伝えられている。築城年代は不明である。

全面を流れている猿ヶ石川がたびたび洪水を起こし、対岸に居住する諸士の往来の被害を避けるため鍋倉山に新城を築いて移り、天正年間に放棄されるまでの数百年、遠野地区の政治的中心であった。

護摩堂城が鍋倉山に移ったさい、鍋倉城、あるいは旧居城の名前を受けて横田城とも呼ばれた。

脚注[編集]

  1. ^ 阿曽沼家乗

参考資料[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 3 岩手県』 角川書店、1985年3月8日ISBN 4-04-001030-2
  • 児玉 幸阿・坪井 清足 『日本城郭大系 第2巻 青森・岩手・秋田』 新人物往来社、1980年7月15日

関連項目[編集]


外部リンク[編集]