横田信夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横田 信夫(よこた のぶお、1949年 - )は、長野県出身の現代作曲家

尚美学園チェロを学び、後に邦楽作曲コンクールで二位を取ったように、とりわけ日本の古来の文化や民謡的・仏教的なものに興味を持った作風を示し、その意味では小山清茂のスタイルに近いがむしろ現代理論的である。

余技としては先祖代々から料理にとりわけ深い才能がある。東京で1980年代嶋津武仁に付くがまもなく離れた。河合明や井上裕子・桜井清らと共に当時の「作曲会」を主催した。