横浜捨て金庫事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横浜捨て金庫事件(よこはますてきんこじけん)とは、1989年6月30日横浜市旭区産業廃棄物処理場内に現金約1億7000万円の入った金庫が捨てられていた事件である。

概要[編集]

この日午前9時過ぎ、持ち込まれていた古金庫の解体のため重機で1メートルほど吊り上げたところ、扉が開いて2つの紙袋とともに大量の一万円紙幣が落ちてきた。拾い集めたところ、総額は約1億7000万円、すべて聖徳太子像が印刷された旧紙幣(C号券)で、半分は真新しい状態であり、「1000万円」と印字された帯封で束ねられたものや、一度も市中に出回っていない新札も含まれていた[1]

同年4月11日川崎市竹林で現金約1億3000万円の入ったバッグが見つかり、4月16日にも約9000万円入りの手さげ袋が出てきて、「現代版竹取物語か」などと騒がれて[2]から間もないできごとであった。

捜査の結果、この金庫は聖教新聞社の倉庫から搬出され、創価学会(学会)関連企業日本図書輸送が運び込んできたものであることが明らかになった[1]

7月1日付創価学会機関紙『聖教新聞』一面の一言コラム「寸鉄」は、「今度は廃品金庫から一億七〇〇○万円。ゴミの中から。欲ボケ社会の戯画か縮図か」と非難していた[1]が、7月3日名誉会長池田大作の腹心といわれる創価学会総務中西治雄が名乗り出て、「20年以上前に、自分が学会内で不正に蓄財したもので、その存在を忘れているうちに誤って捨てられた」等と述べた[3]

元学会幹部によると、会見での中西の説明はしどろもどろで不自然、自宅を担保に350万円借金していたことも判明しており、学会内部でも「中西が池田と学会のために泥をかぶった」との見方をする者は少なくなかった、という[3]。元公明党委員長矢野絢也は、2011年の著書で「金は中西氏のものではなく、中西氏が預かるか管理を委託されていたものだから、中の金に手を付けられなかったのだろう。これが大方の推理だった」「金は池田氏の裏金だと疑っていた」と述べている[4]

矢野によると、中西は池田が参謀室長時代からの腹心中の腹心の部下で、生真面目な性格で、池田も信頼を置いていたことから副会長に推挙されたことがある[5]。しかし、中西はこれを固辞した[5]。当時、矢野が中西に理由を聞くと「本尊模刻事件に深く関わり、大きな罪を負っている私が副会長の椅子をお受けするわけにいかない。」と答えた[5]。本尊模刻事件とは、1975年頃、池田が日蓮正宗の本尊を模刻した出来事で、日蓮正宗との紛争を起こした最大の要因となった事件である[5]。横浜捨て金庫事件の直後、矢野が中西と話した時、中西は「模刻事件の罪滅ぼしだと思って、私は今回の一件を引き受ける。」と再び「模刻事件の罪」という言葉を口にしたという[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 矢野絢也『乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント』講談社、2011年10月21日、pp.17-25
  2. ^ 後に通信販売会社社長が脱税したものだと認めた--<あのころ>竹やぶから2億円 川崎市に謎の札束 共同通信 2009年4月11日
  3. ^ a b 反学会に転じた池田名誉会長の「金庫番」 週刊現代 2011年09月27日
  4. ^ 柿田睦夫「『宗政官』の醜悪な癒着構造 宗教界の共通利害と『公益性』」『フォーラム21』2011年11月14日
  5. ^ a b c d e 矢野絢也『黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録』講談社、2009年2月27日、97頁。ISBN 978-4062152723