横浜市立金沢中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横浜市立金沢中学校
金沢中学校のグラウンド・1棟校舎
国公私立 公立学校
設置者 横浜市
設立年月日 1947年5月1日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 236-0042
神奈川県横浜市金沢区釜利谷東一丁目1番1号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

横浜市立金沢中学校(よこはましりつ かなざわちゅうがっこう)は神奈川県横浜市金沢区釜利谷東にある横浜市最大規模の公立中学校。略称は、「金中(かなちゅう)」。

学区は横浜市立金沢小学区、同八景小学区の一部、同文庫小学区、同釜利谷東小学区、同能見台南小学区の一部で、900名以上の生徒が在籍している。

学校教育目標[編集]

  • たくましく、自らの生き方を創りだす力を育みます。
  • 個性を発揮し、自分らしく生きる姿勢を大切にします。
  • 伝統を大切にし、活気のある学校をつくります。

沿革[編集]

校章・校歌[編集]

校章
北条実時金沢文庫を開いたゆかりの地にあるので北条氏の紋章にヒントを得てデザインされた。意味は、四ツ目結紋の頭に「金」を示し他の三つの角にそれぞれ英知・剛毅・節制を象徴させた。
校歌
金沢文庫の研究では日本随一と言われた文学博士 関靖作詞作曲は当時市指導主事 松井健祐。1956年3月17日、第9回卒業式当日に披露され、校歌として制定された。

部活動[編集]

当校の部活動は特にさかんで、毎年、たくさんの賞を受賞している。

二大行事[編集]

    本校二大行事の一つ。5月~6月のあいだに開催。

    体育大会と並ぶ、二大行事。創立60周年の2007年(平成19年)から体育館ではなく、よこすか芸術劇場で行われるようになった。

施設[編集]

横浜市の中で一番広い敷地面積、グラウンド面積をもち、毎年行われる「横浜市立中学校総合体育大会」の一部競技の会場としても使われる。

グラウンドには、テニスコート、バスケットボールコート、バレーボールコートなどのほかに照明設備がある。

交通[編集]

京浜急行電鉄金沢文庫駅西口より徒歩5分。

出身有名人[編集]

主な進学先[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]