横浜市の歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 横浜市の歴史

横浜市の歴史(よこはましのれきし)は、神奈川県横浜市の市域における歴史自治体史

概略[編集]

古代から平安時代まで[編集]

歳勝土遺跡(都筑区)

横浜市域は3万年前に陸化し、立川ロームの堆積が始まった。2万2000年前までには市内に人間が現れ、旭区の矢指谷遺跡、都筑区の北川貝塚など、およそ25ヶ所の後期旧石器時代の遺跡が発見されている。市域で発見された縄文時代の遺跡は、都筑区の花見山遺跡など、市内各所に残る。

中期までの弥生遺跡は少ない。中期後半以降は、都筑区の大塚・歳勝土遺跡など、方形周溝墓を伴う環濠集落が現れる。磯子区の三殿台遺跡は、縄文時代弥生時代古墳時代にわたる大規模な遺跡である。古墳の出現は、畿内に1世紀以上後れた4世紀の中期~後期とされる。この時期の遺跡としては、港北区の観音松古墳跡、青葉区の稲荷前古墳群などがある。

市域の地名に関する最古の記録は、『日本書紀』に見られる[2]安閑天皇元年(534年)、武蔵国笠原直使主(かさはらのあたいのおみ・かさはらのあたい おみ、おぬし[3])は大和朝廷と結び、上毛野君(かみつけぬのきみ)と組んだ小杵(おき・おぎ)を破った。この結果、笠原直使主は大和朝廷から武蔵国の国造武蔵国造)の家(武蔵国造家)であることを認知され、横渟(よこぬ)、橘花(たちばな。橘樹郡)、多氷(たひ・おおい、歴史的仮名遣おほひ)、倉樔(くらす。後に久良(くら)郡、さらに久良岐郡)の4ヶ所を屯倉として献上したと記される。

7世紀後半までに、市域には、武蔵国橘樹郡久良岐郡都筑郡相模国鎌倉郡が置かれた。橘樹郡は川崎市のほぼ全域と横浜市の北東部、久良岐郡は横浜市の中南東部、都筑郡は横浜市の北西部、相模国鎌倉郡は横浜市の南西部と鎌倉市をその領域とする。都筑区の長者原遺跡は8世紀に成立した都築郡衙跡とされ、郡庁舎・正倉の遺構などが発見されている。また、この遺跡は国道246号旧大山街道)に面しており、この道が古東海道であったと考えられている。なお、都筑郡の名が見える最古の記録は、『万葉集』である。万葉集には、都筑・橘樹の防人とその妻らの歌が収められている[4]

家ろには 葦火焚けども 住みよけを 筑紫に至りて 恋しけ思はも(橘樹郡上丁 物部真根)
草枕 旅の丸寝の 紐絶えば 我が手と付けろ これの針持し(椅部弟女)
我が行きの 息づくしかば 足柄の 峰延ほ雲を 見とと偲はね(都筑郡上丁 服部於由)
我が背なを 筑紫へ遣りて 愛しみ 帯は解かなな あやにかも寝も(妻 服部呰女)

927年延長5年)には、杉山神社が、式内社とされた。杉山神社は、全国でも横浜市と川崎市、特に鶴見川流域にのみ散在鎮座し、数十社が現存する。このうちどの杉山神社を当時の杉山神社と特定するか、定説はない。杉山神社の論社には、緑区西八朔町の杉山神社、都筑区茅ヶ崎町の杉山神社、都筑区中川町の杉山神社、港北区新吉田町の杉山神社、および鶴見区鶴見中央の鶴見神社などがある[5]

奈良時代以降は人口も増え生産力を高めた。平安時代には各所の開発も進み、三浦氏の一族平子氏榛谷氏稲毛氏など有力な豪族がいた。今に残る弘明寺などの寺院は、この有力豪族らにより建立されたものと考えられる。

年表[編集]

鎌倉時代から江戸時代まで[編集]

称名寺庭園

江戸時代、市域の大部分は幕府直轄領または旗本知行地となり、2国4郡にわたる215の村々から成っていた。人口はおよそ10万人、2万世帯と推定される。石高はおよそ8万石。市域には神奈川湊をはじめとして20以上の湊があり、廻船業が発達した。

ペリー艦隊の旗艦・サスクェハンナ(サスケハナ)号
ペリー一行の上陸
  • 1854年安政元年) 1月14日(新暦2月11日)、アメリカ海軍提督ペリーが6隻(後日3隻が加わり9隻)の黒船を率いて2度目の日本への来航2月10日(同3月8日)に横浜村(中区)で会談が開始され、3月3日(同3月31日)には日米和親条約が締結された。当時の横浜村は、賑わう東海道筋や神奈川宿・神奈川湊から離れ、80軒ほどの漁師小屋が建ち並ぶ半農半漁の寒村だった。ペリー一行は江戸湾の測量のため、品川沖まで進んだが、江川英龍伊豆韮山にあった代官)が建設した(建設中)お台場の人工島の砲台付近まで達したのち、神奈川まで引き返した。
  • 1858年(安政5年) 神奈川湊(神奈川区)沖のポーハタン号上で、日米修好通商条約を締結する(このときは「神奈川」を開港地と定め、米国側は東海道・神奈川宿の開港を求めたが、幕府の意向(外国人と多くの住民が直接、交流するのを防ぐ狙いから、寒村だった横浜村が選ばれた)により、横浜村に港を建設する)。
  • 1859年(安政6年)6月2日 横浜港が開港される。元町と居留地間に堀川が開削され、吉田橋や前田橋のたもとに関所が置かれる(居留地側を関内と呼ぶ)。神奈川奉行所(西区紅葉山)が置かれ、横浜港周辺の行政事務を取り扱う。また、7月には税関である神奈川運上所(現在の神奈川県庁付近)が設置される。
    日本初のクリーニング店開業。
  • 1860年(安政7年) 久良岐郡横浜村は、横浜町と改称。関内は、横浜町と太田町から成る。
  • 1860年万延元年) 9月1日に横浜山手麓(現在の元町)で、日本初の西洋式競馬が開催される。
  • 1861年文久元年) ハンサードが、英字新聞「ジャパン・ヘラルド」を創刊する。
  • 1862年(文久2年) 生麦村(鶴見区)で生麦事件が起きる。
  • 1863年(文久3年) 井土ヶ谷村(南区)で井土ヶ谷事件が起きる。幕府は横浜の対外開港を取りやめ閉鎖することを検討したが(横浜鎖港)実現せず。
  • 1864年元治元年) ジョセフ・ヒコが邦字新聞「新聞誌」(後に「海外新聞」)を創刊する。
  • 1866年慶応2年)初の外国銀行支店である香港上海銀行の支店が開業。
  • 1867年(慶応3年) 横浜競馬場(根岸競馬場。現在の中区の根岸森林公園)で、日本初の近代競馬が行われる。

明治時代から第二次世界大戦まで[編集]

日本海軍水路寮作成海図「武藏國横濱灣」の一部、1874年(明治7年)刊行
横浜正金銀行本店(1904年(明治37年)竣工。現・神奈川県立歴史博物館
  • 1868年慶応4年/明治元年) 3月、新政府が神奈川奉行所を接収し、横浜裁判所(現在の裁判所とは異なる行政機関)とする。横浜裁判所総督は外国事務総督の東久世通禧、副総督は鍋島直正。4月、横浜裁判所を神奈川裁判所と改称し、神奈川運上所を横浜裁判所、戸部役所を戸部裁判所とする。6月、神奈川裁判所を神奈川府に改称する。9月、神奈川府を神奈川県に改称する。
  • 1868年(慶応4年/明治元年) 新政府が接収した際、横浜の日本人町に横浜町会所が置かれる。
  • 1868年(明治元年) 横浜伊勢佐木町の「太田なわのれん」にて牛鍋(スキヤキ)が出される[6]
  • 1869年(明治2年) 版籍奉還により、米倉領6ヶ村は六浦藩となる。藩知事は旧藩主・米倉昌言
  • 1869年(明治2年) 吉田橋に鉄橋が架設される。馬車道で町田房蔵が日本初のアイスクリームを製造販売。
    丸屋善七(早矢仕有的)が丸屋商社(現在の丸善)を開業。
    東京(築地)- 横浜間で電信テストを実施(電信のはじめ)。
  • 1870年(明治3年) 横浜郊外の北方村天沼(現・中区千代崎町)にてドイツ人技師コープランドがビール醸造を開始。(キリンホールディングスの嚆矢)
  • 1870年(明治3年) 日本初の日刊の邦字新聞[7]。『横浜毎日新聞』創刊(現在の『毎日新聞』とは無関係)。
    外国人居留地に日本人設計の下水道を設置。下水管の材質は瓦と同じ陶製管。
  • 1870年(明治3年) 高島嘉右衛門により、鉄道敷設のため神奈川・横浜間海面(現・高島)の埋立事業開始。
  • 1871年(明治4年)7月 廃藩置県により、横浜市域は神奈川県と六浦県に分かれる。9月、六浦県を神奈川県と合併する。
  • 1871年(明治4年) 伊勢山皇大神宮が竣工する。
  • 1872年 新橋(現在の汐留) - 横浜(現在の桜木町駅)間に鉄道が開通。本町通り・大江橋間にガス灯を設置。(日本最初の一般ガス事業)
  • 1873年(明治6年) 5月1日神奈川県は全県を20区に分け、区内を幾つかの番組を設置。横浜町は第1区1番組に編入される。
  • 1874年(明治7年)6月14日大区小区制に基づき、区・番組を大区・小区に改編。旧来の横浜町は第1大区1小区となる。
  • 1875年(明治8年) 英仏の軍隊が、山手居留地から撤退する。
  • 1876年(明治9年) 横浜公園が竣工する。サミュエル商会(現ロイヤルダッチシェルの前身の一つ)創業。
  • 1878年(明治11年) 11月21日郡区町村編制法に基づき、第1大区の区域をもって横浜区が発足。久良岐郡から分離する。
  • 1878年(明治11年) 横浜に電話が敷設される。
  • 1880年(明治13年) 横浜正金銀行開業。
  • 1881年(明治14年) 外国人居留地下水道が設置され始める。
  • 1882年(明治15年) 横浜商法学校(後の横浜市立横浜商業高等学校、Y校)が開校する。
  • 1887年(明治20年) 日本最初の近代水道(鉄管)が常時給水を開始する。
  • 1887年(明治20年)8月15日 横浜区役所が本町一丁目4番地へ移転する[8]
  • 1889年(明治22年) 4月1日 市制施行により横浜市となる。初代市長は増田知。
  • 1890年(明治23年) 東京-横浜間で電話交換開始。
  • 1894年(明治27年) 横浜港鉄桟橋(現在の大さん橋)が完成する。
  • 1894年(明治27年) 横浜蚕糸外四品取引所(後の横浜商品取引所。2006年東京穀物商品取引所と合併)が設立される。
  • 1899年(明治32年) 条約改正実施により、居留地が廃止される。
  • 1899年(明治32年) 蓬莱町(中区)の秋元己之助が本格的な清涼飲料「金線サイダー」を発売。
  • 1901年(明治34年) 第1次市域拡張。
  • 1904年(明治37年) 横浜電気鉄道(市電の前身)、神奈川 - 大江橋間開業。横浜正金銀行本店(現在の神奈川県立歴史博物館)竣工。
  • 1905年(明治38年) 京浜電気鉄道(京浜急行電鉄の前身)の神奈川 - 品川間が開通。
  • 1908年(明治41年) 横浜鉄道(横浜線の前身)の東神奈川 - 八王子間が開通。
  • 1909年(明治42年) 開港50年を記念して、横浜市章(「ハマ」マーク)、横浜市歌(作詞・森鴎外)が制定される。
  • 1911年(明治44年) 第2次市域拡張。
開港記念横浜会館(現・横浜市開港記念会館。ジャックの塔)
横浜税関(クイーンの塔)
神奈川県庁本庁舎(キングの塔)

第二次世界大戦後[編集]

行政区域の変遷[編集]

年月日 市域の事柄 後の市域の事柄
1889年(明治22年)
4月1日
  • 市制施行。横浜区を母体に横浜市が誕生する。
1895年(明治28年)
7月1日

 

  • 久良岐郡戸太村に町制施行。戸太町に。
1897年(明治30年)
5月11日

 

  • 久良岐郡六浦荘村に、鎌倉郡鎌倉町大字峠(現在の朝比奈町)を編入。
1901年(明治34年)
4月1日
  • 第1次市域拡張
  • 横浜市に、久良岐郡戸太村、中村、本牧村、根岸村、および橘樹郡神奈川町、保土ケ谷町大字岡野新田、大字岩間字久保山・大谷・林越・大丸(現在の西区元久保町・東久保町・久保町)、子安村大字子安を編入。
  • 橘樹郡大綱村に子安村大字白幡を、旭村に子安村大字西寺尾を編入(子安村は解体消滅)。
  • 小机村が城郷村(しろさと)に改称。
1909年(明治42年)
4月1日

 

  • 橘樹郡保土ケ谷町に、宮川村、矢崎村を編入。
1911年(明治44年)
4月1日
  • 第2次市域拡張
  • 横浜市に、久良岐郡屏風浦村より大字磯子、滝頭、岡(旧禅馬村の地域)を、大岡川村より大字堀之内、井土ヶ谷、蒔田、下大岡、弘明寺を、橘樹郡保土ケ谷町より大字岩間字池上・東台・外荒具・道上・塩田・反町・宮下・殿田・関面・久保山下(現在の西区東久保町・久保町・元久保町、保土ケ谷区西久保町)を編入。

 

1915年(大正4年)
8月1日

 

  • 鎌倉郡豊田村に、長尾村大字金井、田谷、長尾台を編入。長尾村大字小雀、俣野村、富士見村が合併し大正村となる(長尾村は解体消滅)。
1921年(大正10年)
4月1日

 

  • 橘樹郡生見尾村に町制施行。鶴見町に。
1923年(大正12年)
4月1日

 

  • 橘樹郡町田村に町制施行。潮田町(うしおだ)に。
1925年(大正14年)
4月1日

 

  • 橘樹郡鶴見町と潮田町が合併し、鶴見町に。
  • 橘樹郡日吉村に住吉村大字北加瀬を編入。(現在の川崎市域)
1926年(大正15年)
1月1日

 

  • 久良岐郡金沢村に町制施行。金沢町に。
1927年(昭和2年)
4月1日
  • 第3次市域拡張
  • 横浜市に、久良岐郡屏風浦村、大岡川村、日下村、橘樹郡鶴見町、城郷村、大綱村、旭村、保土ケ谷町、都筑郡西谷村を編入。

 

1927年(昭和2年)
10月1日

 

1934年(昭和9年)
1月1日

 

1936年(昭和11年)
10月1日
  • 第4次市域拡張
  • 中区に鎌倉郡永野村を、磯子区に久良岐郡金沢町、六浦荘村をそれぞれ編入。

 

1937年(昭和12年)
4月1日
  • 第5次市域拡張
  • 神奈川区に、橘樹郡日吉村から大字駒ケ橋(下田町)、駒林(日吉本町)、箕輪(箕輪町)および矢上、南加瀬の各一部(いずれも日吉町)を編入(日吉村の他地区は、川崎市へ編入)。

 

1939年(昭和14年)
4月1日
  • 第6次市域拡張
  • 都筑郡都岡村、二俣川村、新治村、田奈村、中里村、山内村、川和町、中川村、新田村、および鎌倉郡戸塚町、中川村、豊田村、川上村、大正村、本郷村、中和田村を編入。
  • 神奈川区から港北区を分区し、旧都筑郡域(都岡村・二俣川村を除く)を編入。
  • 都筑郡都岡村と二俣川村は保土ケ谷区に編入。
  • 戸塚区を置き、旧鎌倉郡域(中区上永谷町・下永谷町・野庭町、磯子区朝比奈町を除く)を編入。

 

1943年(昭和18年)
12月1日
  • 中区から南区を分区。
  • 横浜駅一帯が神奈川区より中区に移管。

 

1944年(昭和19年)
4月1日
  • 中区から西区を分区。

 

1948年(昭和23年)
5月15日

 

1956年(昭和31年)
9月1日

 

1969年(昭和44年)
10月1日
  • 南区から港南区を分区。
  • 戸塚区から瀬谷区を分区。
  • 保土ケ谷区から旭区を分区。
  • 港北区から緑区を分区。上菅田町と新井町を保土ケ谷区に移管。

 

1986年(昭和61年)
11月3日

 

1994年(平成6年)
11月6日

 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市行政運営調整局法制課横浜市史資料室、2013年12月5日更新
  2. ^ 『日本書紀』 巻十八安閑天皇元年閏十二月の条。
  3. ^ 中野区史. 上巻』。
  4. ^ 『万葉集』第二十巻。歌番号は4419~4422。いずれも詞書に天平勝宝7年(755年)2月29日に進呈とある。
  5. ^ 杉山神社に関する文献には、以下のものがある。『続日本後紀』の第7巻、承和5年(838年)2月庚戌の条には、「武藏國都筑郡枌山神社預之官幣。以靈驗也。」。同じく『続日本後紀』の第7巻、承和15年(848年、嘉祥元年)5月庚辰の条には、「奉授武藏國无位枌山名神從五位下。」。『延喜式神名帳』には、「都筑郡一座 小 杉山神社」。『神道集』には、「六宮ヲ椙山ノ大明神ト申ス。本地ハ大聖不動明王、是也。」。「枌」「椙」は、いずれも「杉」の異体字である。
  6. ^ 日本初は1867年江戸であり、横浜市内での発祥説は1892年の住吉町「伊勢熊」とも。
  7. ^ 日本初の日刊英字新聞は長崎市の『英字新聞』。日本初の近代的日刊邦字新聞は、日本新聞協会によると『横浜毎日新聞』。
  8. ^ 1887年(明治20年)8月15日神奈川県告示第64号「横濱區役所本町一丁目ヘ移轉ノ件」

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]