横浜和義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横浜 和義(よこはま かずよし、1884年明治17年)6月4日[1] - 1957年昭和32年)2月18日[1])は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍少将陸軍司政長官

経歴[編集]

宮城県出身[1][2][3]1904年(明治37年)陸軍士官学校第16期卒業[1][2]1930年(昭和5年)8月、陸軍歩兵大佐に進級と同時に第2師団司令部附(新潟医科大学配属将校)となり、1933年(昭和8年)8月、永興湾要塞司令官に転じた[2]1935年(昭和10年)3月15日に待命と同時に陸軍少将に進級し、同月30日、予備役に編入[1][2]1942年(昭和17年)7月、陸軍司政長官に転出し[1][2][3]1944年(昭和19年)5月、退官した[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社 編 『大衆人事録 第14版 外地・満支・海外篇』 帝国秘密探偵社、1943年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1230025 
  • 福川秀樹 編著 『日本陸軍将官辞典』 芙蓉書房出版、2001年。ISBN 4829502738 
  • 外山操 編 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』 芙蓉書房出版、1981年。ISBN 4829500026