横河武蔵野FC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横河武蔵野FC
原語表記 横河武蔵野フットボールクラブ
呼称 横河武蔵野FC
クラブカラー     青、    黄色
創設年 1939年
所属リーグ 日本フットボールリーグ
ホームタウン 東京都武蔵野市
ホームスタジアム
Musashino Athretic Stadium.JPG
武蔵野陸上競技場
収容人数 5,000
運営法人 特定非営利活動法人武蔵野スポーツクラブ
代表者 井草直人
監督 日本の旗 吉田康弘
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

横河武蔵野FC(よこがわむさしのフットボールクラブ、Yokogawa Musashino Football Club)は、東京都武蔵野市を本拠地とする、日本フットボールリーグ(JFL)に参加しているサッカークラブ。登録チーム名は横河武蔵野フットボールクラブである。

エンブレムは、右上の2つの花は、武蔵野を象徴する『紫草』をモチーフにデザイン。小さい花と大きい花は、子供と大人を表し、子供から大人までのクラブであることを意味し、同時にそれぞれが花咲くことを願う。下のボールは、『人』という漢字で形成されており、地域に根ざしたクラブとして、地域の人々とともに発展していくことを意味づけている。

歴史[編集]

1939年(昭和14年)、横河電機サッカー部として創部。現在のJFL加盟チームでは最も長い歴史を誇る。1978年(昭和53年)の関東サッカーリーグへ昇格後、二度にわたる東京都リーグへの降格を経験するが、1991年から本格的なチーム強化が始まり、1993年以降は、全国社会人サッカー選手権や関東リーグで優勝を重ねる力をつけ、1999年にはJFL昇格[1]を果たした。

2003年、武蔵野市のサッカー振興を目指したクラブチームとして「横河武蔵野フットボールクラブ」に名称を改称した。

メイン本拠地は武蔵野陸上競技場だが、東京都内の他のスタジアムでも開催される。これは春季・夏季の一時期、芝生保護の観点でフィールド部分を開放しないことにより、武蔵野陸上競技場以外に、味の素スタジアム(味スタ)アミノバイタルフィールド(アミノF)[2]味の素スタジアム西競技場(味スタ西)(いずれも調布市)、味の素フィールド西が丘(味フィ西)北区)、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場世田谷区)、江東区夢の島陸上競技場江戸川区陸上競技場での開催も行われている。

企業チーム時代は、武蔵野以外での試合が過半数を占め、特に西が丘での開催が多かった。クラブ化された2004年以後は、武蔵野での開催を過半数行うようにしている。なお、2008年は3月16日の開幕戦・アルテ高崎戦をJFL参加10周年記念試合として、JFLのチームとして(ジャパンフットボールリーグ時代含む)初めて国立霞ヶ丘陸上競技場で主催試合を行うことになった。

2006年12月、運営法人「特定非営利活動法人武蔵野スポーツクラブ」(東京都知事認証NPO)を設立。サッカーを中心軸に様々なスポーツ活動に取り組んでいく姿勢を打ち出す。なお、2007年から佐川急便東京SC佐川急便SCとして滋賀県に移転・統合されたので、2008年シーズンまでと2012年はJFL加盟クラブとしては唯一東京都に本拠を置くクラブであった[3]

選手全員がアマチュア選手としてプレーしている。そのため練習は夕方から夜にかけて行われている。横河電機の社員選手の他、大学に通いながら練習に参加する選手もいる。

JFLに昇格した当初は下位に低迷し、2000年には最下位も経験したが、2006年頃からセレクションで獲得した選手がレギュラーで活躍するようになり(特に関東大学リーグ所属だった選手を中心に獲得している。)、リーグ戦の成績は上向きになった。特に横河武蔵野は守備力が高いのが特徴でJFLでは上位に位置するようになった。

2009年前期に3位に入り、JFLの天皇杯シードである4位以内に入ったことにより2000-01年大会以来9年ぶり2回目の出場を果たした。年間通しても新人のFW関野達也がチーム得点王となる二桁の10得点を挙げる活躍もあり、リーグ年間順位も過去最高となる2位に躍進した。

優勝の期待がかかった2010年は、前年のレギュラーだった太田康介斎藤広野が揃って同じ東京をホームタウンとするFC町田ゼルビアへ移籍。2人の抜けた穴を埋めることができず、加えて決定力不足が顕著に表れてしまい、チーム得点数は前年の48点から34点(1試合平均得点が1点)に大きく落ち込んでしまい、順位も12位に大きく後退した。この年村山浩史立花由貴が引退(後にエリースFC東京へ移籍)、チーム得点王の冨岡大吾AC長野パルセイロへ移籍した。

2011年は小林陽介が5年ぶりに横河武蔵野に復帰するなど5人が加入したが、前年と同じく得点、失点がほぼ同じとなってしまい、15位で辛うじてJFL自動残留となった。

2012年は冨岡が2年ぶりに復帰するなど7人が横河武蔵野に加入した。その中で第92回天皇杯FC東京に勝利してクラブ史上初めてJ1チームに勝利し、ベスト16入りを果たした。リーグ戦のほうも10位に躍進した。

2013年は10位のままで終了した。

2014年は選手の約3分の2が入れ替わり、J3誕生によりリーグの顔ぶれも大きく変わる中苦戦が続き、ファーストステージは8位ながら大幅な負け越しとなった。セカンドステージに入り復調し前半7試合の無敗などで4位に入り、年間順位を6位とした。

年度別成績・歴代監督[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失 監督 天皇杯 主催試合会場
1993 関東 3位 21 18 9 3 6 32 29 +3 予選敗退
1994 優勝 26 18 10 6 2 41 19 +22 予選敗退
1995 2位 31 18 9 4 5 31 21 +10 予選敗退
1996 4位 26 18 8 2 8 31 24 +7 予選敗退
1997 優勝 46 18 14 4 0 37 8 +29 予選敗退
1998 優勝 46 18 15 1 2 49 12 +37 予選敗退
1999 JFL 8位 20 24 7 0 17 26 43 -17 日本の旗 森井申一 予選敗退 駒沢2、西が丘2、多摩2、武蔵野1、夢の島1、町田1、川越1
2000 12位 9 22 2 3 17 21 41 -20 1回戦敗退 西が丘5、武蔵野4、夢の島1、多摩1、
2001 7位 41 30 12 5 13 37 54 -17 日本の旗 山崎正晴 予選敗退 西が丘5、武蔵野2、多摩2、駒沢2、東京ス1、江戸川1、夢の島1、富士北麓1
2002 7位 28 17 8 4 5 21 26 -5 日本の旗 三富健大 予選敗退 武蔵野4、西が丘2、夢の島2、東京ス1
2003 13位 29 30 9 2 19 32 65 -33 日本の旗 古矢武士 予選敗退 武蔵野5、西が丘2、アミノF2、多摩2、味スタ1、夢の島1、江戸川1、駒沢1
2004 13位 32 30 8 8 14 41 51 -10 予選敗退 武蔵野9、アミノF2、西が丘2、味スタ1、夢の島1
2005 9位 48 30 14 6 10 37 29 +8 予選敗退 武蔵野10、江戸川2、西が丘2、駒沢1、味スタ1、多摩1
2006 6位 60 34 17 9 8 58 38 +20 予選敗退 武蔵野11、西が丘2、味スタ1、駒沢1、江戸川1、夢の島1
2007 7位 54 34 16 6 12 50 44 +6 日本の旗 依田博樹 予選敗退 武蔵野7、西が丘4、駒沢3、味スタ1、夢の島1、江戸川1
2008 7位 54 34 15 9 10 43 34 +9 予選敗退 武蔵野12、西が丘2、国立1、多摩1、夢の島1
2009 2位 60 34 17 9 8 48 34 +14 3回戦敗退 武蔵野13、駒沢2、西が丘1、上柚木1、夢の島1
2010 12位 44 34 12 8 14 34 38 -4 予選敗退 武蔵野11、西が丘6
2011 15位 36 33 9 9 15 33 37 -4 予選敗退 武蔵野8、西が丘5[4]、夢の島2、江戸川1[5]、駒沢1
2012 10位 41 32 11 8 13 35 50 -15 4回戦敗退 武蔵野10、夢の島3、西が丘→味フィ西2[6]、駒沢1、味スタ西1
2013 10位 49 34 13 10 11 36 36 0 日本の旗 吉田康弘 2回戦敗退 武蔵野10、夢の島3、味フィ西3、江戸川1
2014 6位 35 26 9 8 9 31 31 0 予選敗退 武蔵野9、味フィ西3、夢の島1
2015     30               武蔵野13、味フィ西2

表彰[編集]

チーム[編集]

  • 2002年 - 努力賞
  • 2013年 - フェアプレー賞
  • 2014年 - 特別賞

個人[編集]

所属メンバー[編集]

2015年
Pos No. 選手名 経歴 備考
GK 01 日本の旗 飯塚渉 流通経済大学
21 日本の旗 土井秀徒 桐蔭横浜大学 新加入
31 日本の旗 清水章登 明海大学 新加入
41 日本の旗 友定大樹 横浜GSFCコブラ
DF 02 日本の旗 小山大樹 群馬FCホリコシ
05 日本の旗 鹿野崇史 明治大学
09 日本の旗 佐藤稜大 実践学園高校
10 日本の旗 金守貴紀 早稲田大学
16 朝鮮民主主義人民共和国の旗 任良太 朝鮮大学校
26 日本の旗 鴻田直人 実践学園高校
MF 03 日本の旗 平岩宗 駒澤大学
04 日本の旗 東郷太樹 東京ガス深川
06 日本の旗 都丸昌弘 明治大学
07 日本の旗 岩田啓佑 早稲田大学
08 日本の旗 林俊介 東京学芸大学 主将
11 日本の旗 永露大輔 法政大学
14 日本の旗 本田圭佑 平成国際大学
15 日本の旗 赤尾俊 FC Gloco世田谷
17 フィリピンの旗 大友慧 グローバルFC 新加入
18 日本の旗 石原幸治 明治大学 新加入
19 日本の旗 城間由太 流通経済大学FC
22 日本の旗 小城拓真 日本体育大学
23 日本の旗 河野圭吾 龍谷大学
27 日本の旗 角田陸哉 拓殖大学
28 日本の旗 若狭友佑 青山学院大学
29 日本の旗 渡辺裕紀 明治大学 新加入
30 日本の旗 長尾林太郎 東京大学
32 日本の旗 佐野大夢 静岡産業大学
FW 13 日本の旗 三橋隼斗 レノファ山口FC 新加入
20 日本の旗 北原祐希 横河武蔵野FCユース 新加入
25 日本の旗 野田彰吾 日本体育大学
33 日本の旗 金子剛 YSCCセカンド
34 日本の旗 井関諒司 国士舘大学 新加入

下部組織[編集]

ジュニアからユースまで各カテゴリのチームを運営しており、全国大会出場の実績も持つ

主な出身選手

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

ユニフォームスポンサー[編集]

・ 2013-15年

掲出箇所 スポンサー名 表記
横河電機 YOKOGAWA
背中 ナカノフドー建設 ナカノフドー建設
武蔵境自動車教習所 東京車人
パンツ なし -

脚注[編集]

  1. ^ 前年の1998年に地域リーグ決勝戦に優勝しているが、この年はJリーグの完全1・2部制とJFL再編のため地域リーグ決勝戦上位チームに対する自動昇格処置はしなかった。但し横河についてはこれより前に社会人連盟推薦の形でJFL参加を決めている
  2. ^ 現在アミノFは人工芝であるためJFL・Jリーグでの使用は不可
  3. ^ 2009年からは町田市に本拠地を置くFC町田ゼルビアが昇格(2012年J2入り)
  4. ^ うち1試合は落雷のため前半でサスペンデッドゲームとなり、後半は後日江戸川で開催
  5. ^ サスペンデッドゲームの継続試合は含まず
  6. ^ 同年5月より命名権行使による改名実施

関連項目[編集]

外部リンク[編集]