横江荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

横江荘(よこえのしょう)は、平安時代から戦国時代にかけて加賀国にあった荘園である。東大寺領。

概要[編集]

所在[編集]

加賀国石川郡、現在の石川県白山市横江町から金沢市上荒屋にかけての地域[1]

規模[編集]

818年弘仁9年)の時点で、865200

起源[編集]

8世紀末に桓武天皇が皇女の朝原内親王に授与した「親王賜田」の一つ。

領主[編集]

朝原内親王 → 酒人内親王 → 東大寺 → 横江氏天龍寺

備考[編集]

1970年昭和45年)、同荘園跡から平安時代初期の掘立柱建物跡が検出され、1972年(昭和47年)に国の史跡に指定された。2008年平成20年)、平安時代の回廊状大型区画施設遺構が発見され、石川郡庁があった可能性が出てきたという。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]