横手喜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横手 喜一(よこて よしかず、1967年9月10日 - )は、日本の実業家。 フューチャーラボ代表取締役社長を経て、ポーラ代表取締役社長。

人物[編集]

東京都出身。一橋大学社会学部卒業後、ポーラ化粧品本舗(現株式会社ポーラ)に入社し、宣伝部に配属される。以降、宣伝部門や、経営企画部門を歩み、総合調整室などで勤務した。

2006年株式会社フューチャーラボ代表取締役社長に就任。2011年からポーラ中国担当執行役員・ポーラ瀋陽董事長総経理。2015年からポーラマーケティング担当執行役員・商品企画部長として、ブランド戦略の策定や、商品開発にあたった[1][2]

2016年1月1日付でポーラ代表取締役社長に就任。東京ビッグサイトで開催された化粧品開発展での基調講演では、人口減少社会の中で、エイジングケアコスメをさらに進めた、第3世代のコスメの開発思想を論じた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 「株式会社ポーラ 代表取締役社長の交代について」週刊粧業2015年11月30日
  2. ^ 連結子会社(孫会社)設立に関するお知らせ
  3. ^ 「ポーラ横手社長、「第3世代のコスメ」をテーマに講演」週刊粧業2016年2月1日号