横川泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横川 泉 Football pictogram.svg
名前
本名 横川 泉
カタカナ ヨコカワ イズミ
ラテン文字 YOKOKAWA Izumi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1963-02-25) 1963年2月25日(53歳)[1]
出身地 山梨県[1]
身長 183cm[1]
体重 80kg[1]
選手情報
ポジション GK[1]
ユース
1978-1981 韮崎高校[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1985 明治大学[1]
1985-1992 フジタ工業 112 (0)
1992-1994 日産/横浜マリノス 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年9月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

横川 泉(よこかわ いずみ、1963年2月25日 - )とは、日本の元サッカー選手。選手時代のポジションはGK。高校選抜、ユース代表、全日本B代表、日本代表候補の経歴がある。

人物[編集]

身体能力に恵まれたゴールキーパー[1]で、フジタ工業での日本サッカーリーグ(112試合1部通算84試合/2部28試合)の経験を買われてJリーグ開幕を控えた1992年に横浜マリノスへ移籍し、日本代表のゴールキーパーでもあった松永成立の貴重な控えとなった。また、ベテランとして当時新人だった高桑大二朗川口能活の良き見本となった。

学生時代[編集]

サッカーの盛んな山梨県韮崎市で生まれる。実家は畳屋を営み、三人兄弟の末っ子として育つ。小学校4年時に韮崎サッカースポーツ少年団が開団し、そこに入団。GKとしての基礎を学ぶ。

中学は韮崎西中学に進学、3年時に山梨中学総体で優勝。高校は名門の山梨県立韮崎高等学校へ進学し、1年次よりレギュラーとして活躍。高1の時は関東大会、インターハイ高校選手権と全国大会に出場する。高2の時は、全国高校サッカー選手権で決勝まで進出、帝京高校に4-0で敗れ準優勝となる。それと同時に大会優秀選手に選ばれる。高3では、インターハイでベスト8、全国高校サッカー選手権では全国3位となる。この時に大会1か月前に右足の腓骨骨折のアクシデントにみまわれるが、それを押しての活躍で高評価を受ける。この大会で2年連続の大会優秀選手と高校選抜に選出され、オランダ・ドイツ遠征に参加する。

大学は明治大学に進学。高校時代の活躍が評価され、1年次からレギュラーとして活躍する。また、大学1年時に日本ユース代表に選ばれ、リエカ国際ユース大会に参加するが予選敗退。4年時には、関東大学サッカー2部リーグで優勝。この時にゲームキャプテンを務めるなど、チームの大黒柱として活躍した。また1部リーグの日大との入れ替え戦に出場し、4-1で勝利してチームの1部復帰の原動力となる。この時に関東大学サッカーリーグ2部ベストイレブンと4年間連続出場賞に輝く。

日本リーグ・Jリーグ時代[編集]

1985年、明治大学を卒業し日本サッカーリーグ1部のフジタ工業に加入。 1年目からレギュラーに抜擢される。その年の第65回天皇杯では決勝に進出、日産と対戦して2-0で敗れ準優勝となる。2年目のシーズンに、ソウルオリンピック出場を目指す日本代表候補に選出される。また、日本選抜に選ばれ、南米遠征とサンパウロ州選抜に参加。

1988年、JSLオールスターに選出される。また第68回天皇杯で決勝まで進み、再び日産と対戦し3-1で敗れ準優勝となる。

1990年、フジタは日本リーグ2部に降格となる。 1990-91シーズンでは日本リーグ2部で30試合中28試合に出場するが1部復帰は果たせなかった。

翌シーズンは古島清人小島伸幸の台頭で出場機会を得られず、横浜マリノスに移籍する。横浜には3シーズン在籍し、テヘランでの第3回アジアカップウィナーズカップ選手権の決勝第2戦に出場しピルズィイラン)に1-0での勝利に貢献するなどした。

1994年に現役を引退する。

所属クラブ[編集]

  • 1978-1980 韮崎高校
  • 1981-1984 明治大学
  • 1985-1991 フジタ工業/フジタサッカークラブ
  • 1992-1994 横浜マリノス

個人タイトル[編集]

  • 1979年 全国高校サッカー選手権 優秀選手
  • 1980年 山梨県スポーツ優秀選手賞
  • 1980年 全国高校サッカー選手権 優秀選手(2回目)
  • 1984年 関東大学サッカー2部ベストイレブン/4年間連続出場賞

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 通算
1985 フジタ JSL1部 21 0
1986-87 21 0
1987-88 21 0
1988-89 1 17 0 2 0
1989-90 1 4 0 4 0
1990-91 1 JSL2部 28 0 0 0
1991-92 1 0 0 0 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1992 日産 - J - 0 0 0 0 0 0
1993 横浜M 0 0 3 0 0 0 3 0
1994 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 日本 Jリーグ 0 0 3 0
日本 JSL1部 84 0
日本 JSL2部 28 0 0 0
総通算 112 0

各シーズンの所属クラブ/背番号/出場・得点記録の出典[2] 1991年の天皇杯予選の記録は不明。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『Jリーグオフィシャルガイド1992-1993』 小学館1992年、44頁。ISBN 4-09-102301-0
  2. ^

参考文献[編集]