横山保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
横山 保
Tamotsu Yokoyama.jpg
生誕 1909年8月11日
日本の旗 日本 神奈川県横須賀市
死没 1981年3月
所属組織

大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍


Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
軍歴 1928 - 1945(日本海軍)
1954 - 1964(空自)
最終階級 Kaigun-Chusa.png 中佐(日本海軍)
JASDF Major General insignia (a).svg 空将補(空自)
テンプレートを表示

横山 保(よこやま たもつ、1909年明治42年)8月11日 - 1981年昭和56年)3月)は、日本の海軍軍人、航空自衛官。海兵59期。最終階級は海軍で中佐、空自で空将補

経歴[編集]

1909年8月11日、神奈川県横須賀市で海軍軍人の次男として生まれる。横須賀中学校を経て、1928年4月、海軍兵学校に59期生として入校。1931年11月7日兵学校を卒業。1934年11月、第26期飛行学生拝命。1935年7月、同課程修了、戦闘機搭乗員となる。1936年11月、佐伯空

1937年2月、大分空分隊長。7月、支那事変の勃発に伴い、十三空分隊長として上海の公大飛行場に着任。哨戒任務を行う。9月19日、南京の中国空軍機殲滅を目的とした南京第一次空襲に第1大隊第3中隊長(大隊長五十嵐大尉)として参加[1]。滑走路が悪路だったため離陸に失敗、予備機に乗り換えて出撃した[2]。敵機との初戦闘を行い、不確実1機撃墜。また当初計画では高橋赫一大尉指揮の9月20日の第三次空襲にも援護隊指揮で参加の予定だったが[3]、艦爆隊第2中隊長の白相定男大尉が指揮を執った。

1940年6月、横須賀空付。実験中の十二試艦上戦闘機(零戦)で一個分隊を編成し、できるだけ早く中支戦線の漢口基地に進出せよという命令を受けてマニュアルの作成から担当した[4]。7月、十二空分隊長。十二試艦戦は慣熟飛行で不具合も多く、漢口進出の催促を受けたが、トラブルの未解決を力説し、機体と発動機の担当者を同行して横山以下6機が7月中旬に進出。横山によれば、現地司令部の山口多聞大西瀧治郎から十二試による敵本拠地の敵戦闘機撃滅を命じられた際に、機体の問題が解決するまでの猶予を求め、「貴様は命が惜しいのか」と急き立てられたが、「今から考えてみるとこの私の抵抗が零戦の立派な誕生をもたらしたものといささか自負している」という[5]

1941年8月、三空飛行隊長兼分隊長。12月、太平洋戦争勃発。開戦時はフィリピン空襲に参加。最初は空母を使用する作戦だったが、横山は日中戦争で零戦が遠距離空襲に成功した経験から台湾から出撃が可能であり、着艦訓練の余裕もないので空母の使用をやめるように上申して採用された[6]。1942年4月、大分空飛行隊長。1943年4月二〇四空飛行隊長。5月、第十一航空艦隊参謀。9月、26航戦参謀。1944年3月、横須賀空付。6月筑波空飛行長。1945年5月、二〇三空飛行長。

1945年8月、築城基地で終戦を迎える。

1954年、航空自衛隊発足と同時に入隊。第1航空団副司令、中部航空方面隊司令部幕僚長、第7航空団司令を歴任。1964年、退職。1981年3月、死去。

著書[編集]

  • 横山保『あゝ零戦一代―零戦隊空戦始末記』光人社NF文庫

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 横山保『あゝ零戦一代―零戦隊空戦始末記』光人社NF文庫
  • 吉田俊雄 『指揮官たちの太平洋戦争―青年士官は何を考え、どうしようとしたか』 光人社NF文庫、2004年ISBN 978-4769821342
  • 中山雅洋 『中国的天空(上)沈黙の航空戦史』 大日本絵画、2007年ISBN 978-4-499-22944-9