横地節男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横地 節男(よこち せつお、1916年2月22日 - 2004年3月17日)は、広島県出身の実業家島津製作所社長などを務めた。

経歴[編集]

広島市に生まれる。旧制修道中学校(現修道中学校・修道高等学校)、旧制広島高校を経て京都帝国大学法学部を卒業。1940年島津製作所に入社。取締役、常務、専務を経て、1981年社長に就任。不採算部門の合理化や管理部門の縮小などを行い、オイルショック後の経営不振を立て直した。1986年会長となる。2004年3月17日逝去。

参考文献[編集]

  • 日本経済新聞2004年4月2日夕刊5面
  • 朝日新聞1986年5月20日夕刊2面
  • 朝日新聞1981年8月20日朝刊8面
  • 朝日新聞1981年5月30日朝刊9面
  • 1916年に生まれた人々

関連項目[編集]