藤原定頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
権中納言定頼から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原定頼
Hyakuninisshu 064.jpg
中納言定頼(『小倉百人一首』)
時代 平安時代中期
生誕 長徳元年(995年
死没 寛徳2年1月19日1045年2月8日
別名 号:四条中納言
官位 正二位権中納言
主君 一条天皇三条天皇後一条天皇後朱雀天皇
氏族 藤原北家小野宮流
父母 父:藤原公任、母:藤原道兼養女
兄弟 定頼、良海、任入、藤原教通正室、
藤原遵子養女
正室:源済政
経家藤原信長室、経源、敦平親王
テンプレートを表示

藤原 定頼(ふじわら の さだより)は、平安時代中期の公卿歌人藤原北家小野宮流権大納言藤原公任の長男。官位正二位権中納言中古三十六歌仙の一人。小倉百人一首では権中納言定頼

経歴[編集]

寛弘4年(1007年)末に元服して従五位下叙爵し、年が明けて侍従に任ぜられる。寛弘6年(1009年右近衛少将に任ぜられると、少将を務める傍らで、寛弘7年(1010年正五位下、寛弘9年(1012年従四位下と昇進する。

長和3年(1014年)に右中弁と文官に転じると、長和6年(1017年正四位下蔵人頭に叙任される。しかし、寛仁3年(1019年弾正弼源顕定を嘲笑した際、摂政藤原頼通の発言を引き合いに出したため、頼通の勘気を蒙りこの年の後半謹慎させられている。またこの事件の背景には藤原頼通・教通の兄弟の対立も原因であったとされる[1]。同年末には謹慎が解け、同じ蔵人頭の藤原経通参議の任官を激しく争うが、経通の後塵を拝して左中弁への昇進に留まった[2]。この人事に対して定頼は失望し、除目後初めての結政に遅参している[3]。翌寛仁4年(1020年)参議兼右大弁に任ぜられて公卿に列す。

治安2年(1022年従三位、治安3年(1023年)左大弁兼帯を経て、長元2年(1029年)権中納言に任ぜられる。長元3年(1030年清涼殿での宴において、御前作文の探韻を命じられた際、不正を行っていることが発覚した上に、さらにそれを誤魔化そうとしたため、関白・藤原頼通から「不正直」と批判されている[4]。権中納言昇進後は、長暦2年(1038年従二位長久3年(1042年)正二位と昇叙はなされるが、10年以上に亘って兼官なしに据え置かれた。この状況の中、長暦3年(1039年)藤原頼通の反対を押し切って、内大臣・藤原教通が娘の生子後朱雀天皇後宮に入内させた際には、他の殿上人らが頼通に遠慮した結果、入内に参列する殿上人は僅か5名(内公卿は2名)であったが、定頼は権中納言・藤原経通と共に参列に参加している[5]

長久4年(1043年兵部卿を兼ねるが、翌長久5年(1044年)6月9日に病のため出家。

人物[編集]

少し軽薄な性格であったようで、小式部内侍にやり込められた逸話が残っている。相模大弐三位などと関係を持った。音楽読経の名手であり、容姿も優れていたという。

長元5年(1032年)の『上東門院彰子菊合』、同8年(1035年)の『関白左大臣頼通歌合』などに出詠。『後拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に45首が入集。家集に『定頼集』がある。

逸話[編集]

一条天皇大堰川行幸のお供で和歌を詠んだときのこと、父の公任も同行していて定頼の歌の出来映えを心配していた。すると定頼の番になり読み手が上の句を「水もなく見え渡るかな大堰川」と読み始めた。満々たる大堰川を前にして「水もなく」とはどういうつもりだ、何という不調法な、と公任が思っていると「峰の紅葉は雨と降れども」と朗々と下の句を詠み上げた。そのあまりの見事さに、公任も嬉しさをこらえきれず、思わず会心の笑みを漏らしたという(『西行上人談抄』)。

官歴[編集]

公卿補任』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『江談抄本』59
  2. ^ 『小右記』寛仁3年11月23日,26日,12月13日,17日,18日,19日,21日条
  3. ^ 『小右記』寛仁3年12月22日条
  4. ^ 『小右記』長元3年9月13日条
  5. ^ 『春記』長暦3年12月21日条
  6. ^ 『御堂関白記』

出典[編集]

  • 古瀬雅義「藤原定頼の人物像について一考察 : 長暦3年の生子入内事件をめぐって」『国文学攷』130号、広島大学国語国文学会、1991年
  • 古瀬雅義「自撰本系「定頼集」の成立とその背景 : 家集の整理時期は寛仁3年後半期か」『国文学攷』126号、広島大学国語国文学会、1990年

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、藤原定頼に関するカテゴリがあります。