樋高リオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
樋高 リオ
基本情報
本名 樋高 法晃
通称 The Rock
階級 ヘビー級
身長 177cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1981-02-05) 1981年2月5日(40歳)
出身地 大阪府東大阪市
スタイル 右ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 13
勝ち 11
KO勝ち 9
敗け 2
テンプレートを表示

樋高 リオ(ひだか リオ、男性、1981年2月5日 - )は、日本プロボクサーオーストラリアで活動を開始。デビューはニュージーランドオークランドで2R失神KO勝ち。同年日本に呼ばれての日本デビュー試合。この試合は3R KO勝ち。その後オーストラリアで試合をし、2009年より仲里・ATSUMIボクシングジム所属となる。西日本新人王に輝いた。2012年12月の仲里・ATSUMIボクシングジムの分裂により渥美ボクシングジム所属となった。2014年に日本を引退し、2015年にフリー宣言をした。同年フィリピンでWBCアジアヘビー級王座を獲得している。東洋圏のタイトルを制したのは日本人初。大阪府東大阪市出身。

来歴[編集]

杉田茂氏が代表を務めるウエイトトレーニングジム"Mr.U Gym"で元アマチュア世界王者のトレーナーと出会い見出され、オーストラリアに渡り、現地のプロライセンス取得。

2006年8月31日、ニュージーランドでデビュー戦を行い、2回KO勝利。

その後、JBCライセンスも取得し、2006年10月29日にIMPホールでの白坂貴昌(現・タカシラサカ)戦で国内デビュー。3回KO勝利。

オーストラリア時代は4戦4勝3KO 帰国。当時大阪プロレスを離れてボクシングに挑戦していたゼウス(ゼウス金谷)とトレーニングを共にしたのがきっかけで、2009年仲里・ATSUMIボクシングジムに。[1]

2010年5月8日、大阪府立体育会館にて名城信男WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチの前座として金起男(韓国)と対戦し、4年ぶりの国内戦を3回TKO勝利で飾る。

2011年に創設された西日本ヘビー級新人王決定トーナメントにエントリー。4月10日、その1回戦としてマサ竹蔵と対戦し、1回TKO勝利。

2011年9月11日、決勝戦としてタカシラサカと対戦し、2回KO勝利で初代西日本ヘビー級新人王を獲得した[2][3]

2012年12月、仲里・ATSUMIボクシングジムの分裂により西日本ボクシング協会初の女性会長である渥美富士子が会長を務め、第21代・第23代日本ジュニアミドル級王者大東旭が会長代行を務める渥美ボクシングジム所属となる。

2013年2月17日、クラレンス・ティルマン(アメリカ合衆国)と8回戦を行い大差判定勝利し、デビュー戦からの全勝記録を10に伸ばした[4]

2013年5月24日、フランスK-1ファイターグレゴリー・トニーと対戦し、互いに手数が少ない中、身長、リーチ共に勝るトニーが優勢で試合を進め結局そのまま試合が終了し0-3の判定負けで11戦目にして連勝はストップしプロ初黒星となった[5]

2013年7月25日、後楽園ホールで行われた日本タイトル次期挑戦者決定戦で竹原虎辰と対戦し、0-3(74-78、75-78、76-77)の判定負けを喫し日本ヘビー級王座への挑戦権獲得に失敗した[6]

2014年1月28日、JBCは最新ランキングを発表し、樋高は日本ヘビー級ランキングから外れる[7]。同月31日、OPBFは最新ランキングを発表し、樋高はOPBF東洋太平洋ヘビー級ランキングから外れる[8][9]。理由は樋高の日本引退、フリー宣言し、渡米によるものである。

2015年2月15日、フィリピンリサール州アンゴノデビッド・コスワラインドネシア)とWBCアジア(ABCOコンチネンタル)ヘビー級王座決定戦を行い、1回1分1秒失神KO勝ちで王座獲得に成功した。 翌年、同王座を返上。

戦績[編集]

  • プロボクシング:14戦12勝(10KO)2敗

獲得タイトル[編集]

  • 西日本ヘビー級新人王
  • WBCアジア( ABCOコンチネンタル)ヘビー級王座

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

樋高リオYouTube https://youtube.com/channel/UC1ruWuvkAyg56jf0gzIPo1Q