樋脇町塔之原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 鹿児島県 > 薩摩川内市 > 樋脇町塔之原
樋脇町塔之原
—  大字  —
薩摩川内市役所樋脇支所
樋脇町塔之原の位置(鹿児島県内)
樋脇町塔之原
樋脇町塔之原
座標: 北緯31度49分14.1秒 東経130度23分5.4秒 / 北緯31.820583度 東経130.384833度 / 31.820583; 130.384833
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 薩摩川内市
地域 樋脇地域
人口 (2011年(平成23年)3月1日現在)
 - 計 3,115人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 895-1202
丸山樋脇町市比野の市比野川上の橋より望む

樋脇町塔之原(ひわきちょうとうのはら Hiwaki-Chō Tounohara)は、鹿児島県薩摩川内市大字[1]。旧薩摩郡樋脇郷塔之原村、薩摩郡樋脇村大字塔之原、薩摩郡樋脇町塔之原郵便番号は895-1202。人口は3,115人、世帯数は1,442世帯(2011年3月1日現在)[2]

地理[編集]

薩摩川内市のほぼ中央部、樋脇川中流域に位置しており、川沿いに沖積平野が広がっている[3]。旧樋脇町の中央部に位置し、旧樋脇町の行政及び教育の中心地であった。字域の北方に樋脇町倉野中村町、北方から東方にかけて入来町副田、東方に入来町浦之名、南方に樋脇町市比野、西方に永利町がそれぞれ接している。

字域の中央部には薩摩川内市立樋脇小学校や薩摩川内市役所樋脇支所などが所在している。2007年(平成19年)には字域内にあった鹿児島県立樋脇高等学校鹿児島県立入来商業高等学校と合併し入来商業高校跡地に鹿児島県立川薩清修館高等学校が設立され、2009年(平成21年)に閉校した為現在は跡地は一部を除いて使用されていない。南部には薩摩川内市立樋脇中学校が所在している。付近には田苑酒造があり、日本初の焼酎資料館がある。

字域の中央を鹿児島県道335号市比野東郷線鹿児島県道42号川内加治木線より分岐した後は南北に通り、薩摩川内市役所樋脇支所付近で鹿児島県道333号川内祁答院線と分岐し、西方に進路を変える。県道333号は西方より北方に進路を変える。東方に鹿児島県道346号山田入来線が南北に通っている。

河川[編集]

山岳[編集]

歴史[編集]

成立から町村制施行まで[編集]

塔原という地名は鎌倉期より見え、薩摩国入来院のうちであった。江戸期には薩摩国薩摩郡樋脇郷のうちとなり、村高は「御秘文雑集」及び「天保郷帳」では3,882石余、「旧高旧領」では3,358石余であった。村域内には樋脇郷の地頭仮屋が置かれており、仮屋を中心に・野町が形成されていた。

町村制施行以降[編集]

1889年(明治22年)に町村制が施行されたのに伴い、塔之原村は市比野村、倉野村と合併し樋脇村となり、塔之原村域は樋脇村の大字「塔之原」となった。その後1940年(昭和15年)には樋脇村が町制施行し樋脇町となり、樋脇町の大字「塔之原」となった。1987年(昭和62年)には字域内を通っていた宮之城線が廃止され、同時に字域内にあった樋脇駅上樋脇駅は廃止された。

2004年(平成16年)には樋脇町が川内市東郷町入来町祁答院町里村上甑村下甑村鹿島村と共に新設合併し薩摩川内市の大字「樋脇町塔之原」となった。

施設[編集]

鹿児島県立樋脇高等学校跡地。2009年に統合され閉校
公共
  • 薩摩川内市役所樋脇支所
  • 鉄道記念館
  • 樋脇体育館
  • 丸山自然公園
  • 丸山公園
教育
郵便局
  • 樋脇郵便局
寺院
  • 善福寺
  • 蛭子神社
  • 三島神社
  • 菅原神社
  • 諏訪神社
  • 若宮神社
  • 長谷神社
  • 一之宮神社
  • 熊野神社
  • 前田神社
企業

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[4]

大字 番地 小学校 中学校
樋脇町塔之原 全域 薩摩川内市立樋脇小学校 薩摩川内市立樋脇中学校

交通[編集]

樋脇駅駅舎。現在も鉄道資料館として廃止当時のまま駅舎が現存している

道路[編集]

県道

鉄道(廃止路線)[編集]

日本国有鉄道宮之城線
1987年昭和62年)の廃止までは字域を東西に通っていたが、1987年(昭和62年)に第2次特定地方交通線に指定され廃止された。現在も樋脇駅は鉄道記念公園として保存されており、駅舎は一部を除いて当時の状態に保存されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川薩地区合併協議会 町・字の取り扱いについて
  2. ^ 統計データ(町別住民基本台帳人口) - 薩摩川内公式ウェブサイト 2011年4月17日閲覧。
  3. ^ 角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.448
  4. ^ 薩摩川内市 義務教育”. 薩摩川内市役所. 2010年9月5日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯31度49分14.1秒 東経130度23分5.4秒