樋口健夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

樋口健夫(ひぐち たけお、1946年 - )は、アイデアマラソン発想法の考案者。

経歴[編集]

京都府出身。京都市立日吉ヶ丘高等学校大阪外国語大学英語学科卒業。マコーリー大学(オーストラリア)に留学。

三井物産に入社。ラゴスリヤドハノイの事務所に勤める。その後、東京通信ネットワーク出向を経て、2000年から カトマンドゥ事務所長。四年半勤めたのち2004年8月退職。

商社マンとして働く傍ら、ノートを使った創造的自己啓発技法「アイデアマラソン発想法」(通称、アイデアマラソン/IMS)を考案、実践。 「アイデアマラソン研究所」を設立し、IMSの普及と開発を行っている。

また、エッセイの執筆や、翻訳も行っている。

現在、大阪工業大学筑波大学電気通信大学三重大学などの非常勤講師。

アイデアマラソン発想法[編集]

樋口が考案した創造的自己啓発技法で、「『発想の分野を限定しないで、個人が考えたものを、即時、できるだけ早く、できるだけ短く、ノートやパソコンデータに記録し、周りに話をする』発想システム」(IMS研究所のホームページより)である。 基本的なルールは、オリジナルの発想を1日最低一個考え、ノートに記録すること。オリジナルであれば、それを出す方法はどんなものでもよい。

樋口がこれを始めたのは1984年1月から。樋口自身はこれまでに373冊のノートに317,950個の発想を記録しているという。(2010年2月6日現在)

そのほかの具体的な書き方は、IMS研究所のホームページや、著書「思いつきをビジネスに変えるノート術」(PHPエル新書)などに詳しい。

著書[編集]

  • 商社マンがゆく(妻との共著) 
  • この人たちはなぜ成功したのか(妻との共訳)
  • マラソンシステム
  • 仕事ができる人のノート術
  • 企画がスラスラ湧いてくるアイデアマラソン発想法
  • 思いつきをビジネスに変えるノート術
  • 稼ぐ人になるアイデアマラソン仕事術
  • できる人のノート術

ほか多数