樋口まち子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

樋口 まち子(ひぐち まちこ)は日本の学者。前国立看護大学校教授。専門は看護学医療人類学

略歴[編集]

1981年法政大学経済学部1984年東京女子医科大学看護短期大学を卒業する。1993年マヒドン大学プライマリヘルスケア管理学修士号を取得し、1998年コロンボ大学医療人類学博士号を取得する。

文部科学省在外研究員としてミシガン大学ヘルスプロモーション研究センターに勤務し、保健師経験を経て、青年海外協力隊としてスリランカに着任する。外務省在スリランカ日本大使館専門調査員としてシンハラ・タミル民族問題の調査研究に従事した後、JICAスリランカ看護教育プロジェクト専門家として技術協力に携わる。10年あまりのアジア諸国での生活を経て、岡山大学医学部講師・助教授、静岡県立大学看護学部教授を経て、2007年に国立看護大学校教授に就任する。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『Traditional Health Practices in Sri Lanka』(VU University Press, The Netherlands、2002)
  • 『もうひとつの島国・スリランカ-内戦に隠れた文化と暮らし』(ぶなのもり、2006)

共書[編集]

参考[編集]