槻岡寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
槻岡寺
槻岡寺写真
所在地 新潟県南魚沼市長崎1421
位置 北緯37度01分15.3秒
東経138度53分5.7秒
座標: 北緯37度01分15.3秒 東経138度53分5.7秒
山号 水龍山
宗旨 曹洞宗
本尊 釈迦牟尼佛像
創建年 1596年慶長元年)
正式名 曹洞宗水龍山槻岡寺
札所等 上田観音札所第五番札所
文化財 木造千手観音
(南魚沼市指定文化財)
地図
槻岡寺の位置(新潟県内)
槻岡寺
法人番号 7110005013327
テンプレートを表示
槻岡寺稚児行列
槻岡寺晋山式

槻岡寺(きこうじ)は、新潟県南魚沼市にある1596年慶長元年)開創の曹洞宗の寺院である。山号は水龍山。

概要[編集]

雲洞庵の別院として開創され、上田観音札所第五番札所になっている。金城山登山の槻岡寺観音山コース(約4時間)の起点で、里山にはこぶし遊歩道も整備されている。

歴史[編集]

創建された時期は慶長元年(1596年)とされ、開基は「月岡外記」(つきおかげき)という当地の長者。創建前にも屋敷の一角に庵を設け、百年来住職が住んでいた。御開山は本寺である雲洞庵の19世である「一永長尊大和尚」。示寂は万治3年(1660年)。

江戸末期と明治初期にかけて10年足らずの間に2度の火災を出し、それ以後山号を「水龍山」に変えたが、火災のため江戸時代の書き物は等はほとんど残っていない。23世「祖麟禅英大和尚」は、明治24年(1891年)に長岡に生まれ、大正5年(1916年)10月に晋山。実家は家具関係の仕事をしていた。24世「重興祖亮英大和尚」は、大正9年(1920年7月16日生まれ、雲洞庵で修行して先代が身体が丈夫でなかったため昭和26年(1951年)晋山、平成22年(2010年)に退董。

新命「英信」は、昭和24年(1949年)10月生まれ。曹洞宗駒澤大学には入学せず、早稲田大学教育学部に入学した。平成13年(2001年)に神奈川県小田原市の先にある大雄山最乗寺で修業し、平成22年に住職の任命を受けた。

南魚沼市指定文化財[編集]

年間行事[編集]

月日 行事内容
1月1日2日 年賀
1月3日 年始回り(下長崎)
1月4日 年始回り(上長崎)
1月5日 年始回り(塩沢・六日町・三郎丸・早川・枝吉・雲洞)
3月15日 団子まき(日曜日に行う)
5月8日 花まつり(灌仏会:甘茶が振舞われる)
8月1日 盆参
8月13日 - 16日 お盆
9月20日 - 26日 彼岸(中日は23日)
9月29日 両祖忌(道元禅師・瑩山禅師命日
10月5日 達磨忌(達磨大師の命日)
12月8日 成道会釈迦が悟りを開いたとされる日)

周辺[編集]

交通アクセス[編集]

  • 鉄道
上越新幹線越後湯沢駅より、上越線北越急行ほくほく線六日町駅下車、南越後観光バス沢口行で約20分。バス停留所(金清坊)より徒歩約20分。
  • 自動車
関越自動車道塩沢石打インターチェンジから新潟県道28号塩沢大和線で約20分。

脚注[編集]

  1. ^ 南魚沼市指定文化財”. 南魚沼市. 2013年1月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]