榛名富士新司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

榛名富士 新司(はるなふじ しんじ、1959年2月3日 - )は、群馬県沼田市出身で大鵬部屋(入門時は二所ノ関部屋)所属の昭和時代に活躍した元大相撲力士。本名は、飯島新一(いいじま しんいち)。身長180cm、体重162kg。最高位は東十両2枚目(1985年9月場所)。

来歴[編集]

当初は横綱大鵬の内弟子として二所ノ関部屋に入門した。初土俵はその大鵬が引退した1971年5月場所であった。

1971年11月場所に大鵬が二所ノ関部屋から独立、大鵬部屋を興した際に移籍した。榛名富士は純粋に大鵬に育てられた力士であると同時に、また、中学生の入門が許可されていた最後の時期に在籍し、その中で最年少であったので、最後まで中学生の特別待遇(出場は東京場所の日曜3日間のみ)を受けていた1人でもあった。

1982年1月場所、同門の草竹とともに十両に同時昇進。榛名富士は勝ち越し、草竹は負け越しと明暗を分けた。

1985年7月場所では西十両6枚目で10勝5敗となり、榛名富士・三杉磯益荒雄の三者巴戦による十両優勝決定戦に出場したが、惜しくも敗れて優勝を飾ることは出来なかった(この時の十両優勝は益荒雄)。1987年1月場所後に廃業し、相撲界を去った。

略歴[編集]

  • 1971年5月、初土俵
  • 1982年1月、新十両に昇進。9勝6敗と勝ち越す
  • 1985年7月、名古屋場所・西十両6枚目で10勝5敗(優勝同点)。
  • 1985年9月、秋場所・東十両2枚目で新入幕のチャンスだったが負け越し
  • 1986年3月、春場所・東十両9枚目で3勝12敗と大負け。幕下に陥落
  • 1987年1月、廃業

主な成績[編集]

通算成績[編集]

  • 通算成績:316勝268敗(95場所)
  • 十両成績:94勝116敗(14場所)

各段優勝[編集]

  • 幕下優勝:1回(1984年9月場所)

関連項目[編集]