榎本正樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

榎本 正樹(えのもと まさき、1962年3月18日 - )は、日本の文芸評論家千葉県出身。専修大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、青山学院女子短期大学法政大学、日本大学、東放学園専門学校非常勤講師

柳美里の公式サイト「La Valse de Miri」を制作・運営。

著書[編集]

  • 『大江健三郎──八〇年代のテーマとモチーフ』(審美社、1989年5月)
  • 野田秀樹高橋留美子―八〇年代の物語』彩流社、1992年
  • 『電子文学論』彩流社、1993年
  • 大江健三郎の八〇年代』彩流社、1995年
  • 『文学するコンピュータ』彩流社、1998年
  • 『Herstories 彼女たちの物語―21世紀女性作家10人インタビュー』集英社、2008年
  • 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。全話完全解読』双葉社、2014年

共編著[編集]

解説[編集]

外部リンク[編集]