榎本日出夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

榎本 日出夫(えのもと ひでお、1941年7月7日 - )は、東京都中野区出身のバスケットボール指導者。日本バスケットボール界初のプロコーチである。

来歴[編集]

武蔵中学校・高等学校大学出身。

中3でバスケを始め、高校では3年連続でインターハイに出場。優勝も経験する。

大学卒業後、光文社に入社。そこで杉野女子短大の学生と出会い、これを機にバスケットボールのコーチに転じる。

後に日立戸塚女子バスケットボール部に移り、プロコーチ宣言。25年間指揮を執り、1976・77年の2年連続でオールジャパン・日本リーグ2冠に導く。

その間全日本女子のコーチとなり、1982年には監督を務める。

その後、日立本社男子(現・日立サンロッカーズ)のヘッドコーチに就任。

1997年よりゼクセルヘッドコーチに就任。

2000年、コーチ引退。

現在はオオネ学生会館館長を務める傍ら、全国でクリニックを展開している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]