榊邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

榊 邦彦(さかき くにひこ、1963年3月14日 - )は、日本の小説家埼玉県さいたま市(旧大宮市)出身。本名は神田 邦彦(かんだ くにひこ)。

プロフィール[編集]

2006年、『ミサキへ』(後に『100万分の1の恋人』と改題)で第二回新潮エンターテインメント新人賞(第三回より、新潮エンターテインメント大賞と改称)を受賞。選考委員は浅田次郎。2007年1月、『100万分の1の恋人』を刊行。ハンチントン病の患者である父を持つ女性「ミサキ」と「僕」との恋愛の行方を描いた同書は台湾韓国でも翻訳出版されている。また、同書は「戦後の医療小説30選」[1]や「医療を読むと現代が見える…疾患別医療小説ガイド35冊」[2]にも選出されている。

現在、母校である開成中学校・高等学校の国語科教諭。 母親は現代舞踊家のアキコ・カンダ[3]

著書[編集]

小説[編集]

  • 『100万分の1の恋人』(新潮社)2007 のち、新潮文庫(2013) 
  • 『もう、さよならは言わない』(新潮社)2008

その他[編集]

  • 『中学総合的研究国語』峰高久明、葛西太郎、矢口郁子共著(旺文社)2006
  • 『中学総合的研究問題集国語読解』峰高久明共監修 旺文社 2007
  • 『超スゴ速古典文法50 和歌で感動しながら覚える! センター試験完全対応』(旺文社)2008
  • 『ミラクル古文単語396 愛の青春ドラマで覚える』(旺文社)2009
  • 『現代文 標準問題精講』(旺文社)2015

(本名の「神田邦彦」名義で、国語関係の参考書を執筆している。「漫画」「写真」「広告」などについても、国語の分野に取り入れたり、古文に現代小説の例文を取り込むなど、従来の国語観にとらわれない活動を展開している。)

脚注[編集]

  1. ^ 『小説新潮2008年8月号』東えりか
  2. ^ 『週刊朝日』2011年1月21日号「週刊図書館」
  3. ^ “踊り続け、最期まで 羽田監督「そしてAKIKOは…」”. 中日新聞. (2013年6月5日). http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2013060502000004.html 2013年8月6日閲覧。 

外部リンク[編集]