榊原弱者救済所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
榊原弱者救済所跡と記念碑
救済所の老病者棟
救済所の運動場
榊原弱者救済所跡公園.jpg

座標: 北緯34度52分38.2秒 東経136度53分46.9秒 榊原弱者救済所(さかきばらじゃくしゃきゅうさいじょ)は、1899年明治32年)から1930年昭和5年)にかけて、今の愛知県半田市鴉根町にあった日本で最初で最大の民間の弱者救済所。地名から鴉根弱者救済所(からすねじゃくしゃきゅうさいじょ)と呼ばれることもあった。

概要[編集]

1898年(明治31年)頃、今の半田市鴉根町(当時・知多郡成岩町鴉根)の丘陵地に、社会的弱者を救済する施設ができた。施設を造ったのは、榊原亀三郎1868年 - 1925年)という民間人。彼は23歳で救済事業に取り組んだが、それ以前は「べっ甲亀」の名を持つ侠客だった。それも70名もの子分を持つ男だった。

それが慈善家に転身したのは、静岡刑務所に服役していた際の典獄(刑務所長)川村矯一郎と、日本を代表する慈善家、金原明善との出会いであった。二人に触発された榊原亀三郎は、故郷の知多郡成岩町に帰り、子分を説得、組を解散した。そして彼についてくる20数名の子分と共に鴉根の丘陵地を私財で開墾、そこに弱者を救済する施設「榊原弱者救済所」を作り上げた。

施設の完成は、1899年(明治32年)8月20日。当初は600の敷地に2棟の宿舎だったが、その後、地元の理解も得られるようになり、やがて総面積6万6000坪、そのうち4000坪に11棟の宿舎、武道場、宗教施設などをもつ大きな救済施設となった。

以来、この救済所には、社会から見捨てられた、孤児捨て子、重度の身体障害者、行くあてのない老人。それに刑期を終えて出所しても帰るところのない出獄者、余刑者。また、遊女の宿などから逃げ出した女性の駆け込み寺のような役目も果たしていた。それより30年に亘り、計1万5000人もの人を救済した日本で最初にして最大の民間の弱者救済所である。1925年大正14年)、榊原亀三郎が事故死。その5年後、世相が戦争へと走り出した影響も大きく、弱者切り捨てられように、この救済所も閉所された[1]

その後、榊原亀三郎の偉業と救済所の存在は忘れられていたが、2013年(平成25年)になり、榊原弱者救済所跡をひろく一般に公開しようとの動きが出て、榊原弱者救済所跡保存会が結成された。活動は半田市、半田市鴉根区、半田保護司会、はんだ郷土史研究会の四位一体で行われ、半田市鴉根町の鴉根ちびっ子広場に隣接する約450坪の竹林を開墾、そこに“榊原弱者救済所跡公園”を造った。2013年(平成25年)9月23日同地で公園のお披露目式、記念式典が開かれ、約180名が参列した。それに併せ、榊原弱者救済所をモデルにした絵本『いばりんぼうのカメ』(文・西まさる 絵・スギウラフミアキ 新葉館出版刊)が出版された[2]

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中日新聞2012年10月8日。
  2. ^ 中日新聞2013年9月24日、2013年10月4日。はんだ郷土史だより48号~51号

関連項目[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、鴉根史跡公園に関するカテゴリがあります。

外部リンク[編集]