楽浪区域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
楽浪区域
位置
各種表記
チョソングル: 락랑구역
(南:낙랑구역)
漢字: 樂浪區域
日本語読み仮名: らくろうくいき
片仮名転写: ランナン=グヨ
(南:ナンナン=グヨ
ローマ字転写 (MR): Rangnang-guyŏk
(南:Nangnang-guyŏk)
Rangnang-guyeok
(南:Nangnang-guyeok)
統計
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
テンプレートを表示

楽浪区域(ランナンくいき、らくろうくいき)は、朝鮮民主主義人民共和国平壌直轄市にある行政区域。古代楽浪郡の遺跡がある。

地理[編集]

平壌市西部で西から南へと流れを変える大同江の左岸(南岸)に位置する。大同江を隔てて北東には平川区域船橋区域などの都心部、北には万景台区域、西には千里馬郡平安南道)がある。南は江南郡、東は力浦区域に接する。

都心に近い部分では市街地化がおこなわれている。大同江沿いの統一通りには、2003年に農民市場を改編してつくられた、北朝鮮で一番大きな総合市場とされる「統一通り市場」がある。

行政区域[編集]

21洞・9里を管轄する。

  • 関門一洞(クァンムニルトン)
  • 関門二洞(クァンムニドン)
  • 関門三洞(クァンムンサムドン)
  • 東山洞(トンサンドン)
  • 豆段洞(トゥダンドン)
  • 楽浪一洞(ランナンイルトン)
  • 楽浪二洞(ランナンイドン)
  • 楽浪三洞(ランナンサムドン)
  • 勝利一洞(スンニイルトン)
  • 勝利二洞(スンニイドン)
  • 勝利三洞(スンニサムドン)
  • 猿岩洞(ウォナムドン)
  • 貞栢一洞(チョンベギルトン)
  • 貞栢二洞(チョンベギドン)
  • 貞梧一洞(チョンオイルトン)
  • 貞梧二洞(チョンオイドン)
  • 忠誠一洞(チュンソンイルトン)
  • 忠誠二洞(チュンソンイドン)
  • 忠誠三洞(チュンソンサムドン)
  • 統一ゴリ一洞(トンイルゴリイルトン)
  • 統一ゴリ二洞(トンイルゴリイドン)
  • 金垈里(クムデリ)
  • キンコル里(キンコルリ)
  • 南寺里(ナムサリ)
  • 龍湖里(リョンホリ)
  • 柳巣里(リュソリ)
  • 碧只島里(ピョクチドリ)
  • 甫城里(ポソンニ)
  • 松南里(ソンナムニ)
  • 中端里(チュンダンニ)

歴史[編集]

紀元前108年、漢の武帝衛氏朝鮮を滅ぼし、平壌付近に楽浪郡を置いた。楽浪区域土城里には土城跡(土城里土城)があり、周辺には漢代~晋代初期に造営された墳墓群(楽浪漢墓)がある。日本統治時代に行われた発掘の結果、土城里土城からは建物・道路・倉庫群や「楽浪」の文字を記した瓦などが発見されたため、この土城が楽浪郡の郡治(政庁所在地)と考えられるようになり、「楽浪土城」とも呼ばれている。

日本統治期には大同郡大同江面などの一帯であった。その後、平壌市東区域・江南郡中和郡などの一部となったが、1959年9月に楽浪区域が新設されて平壌市に組み込まれた。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1959年9月 - 平壌直轄市東区域貞栢洞・貞梧洞・宋家洞・豆段里・楽浪里・土城里・将貞里・小新里、平安南道江南郡猿岩労働者区・南寺里・甫城里・松南里、中和郡柳巣里・力浦里・陽陰里・柳絃里をもって、平壌直轄市楽浪区域を設置。(5洞11里)
    • 豆段里が豆段洞に昇格。
    • 猿岩労働者区が猿岩洞に昇格。
    • 将貞里が将進里に改称。
  • 1960年10月 (5洞7里)
    • 外城区域中端里を編入。
    • 柳絃里・陽陰里・小新里・将進里および力浦里の一部が新設の力浦区域に編入。
    • 宋家洞が東山洞に改称。
    • 南寺里の一部・力浦里の残部が柳巣里に編入。
    • 貞梧洞・柳巣里の各一部が南寺里に編入。
    • 猿岩洞の一部が豆段洞に編入。
  • 1963年 (7洞5里)
    • 楽浪里が楽浪洞に昇格。
    • 土城里が土城洞に昇格。
  • 1965年1月 - 江南郡碧只島里・金垈里を編入。(7洞8里)
    • 金垈里の一部が分立し、龍湖里が発足。
  • 1967年 (7洞9里)
    • 猿岩洞の一部が分立し、キンゴル里が発足。
    • 南寺里・楽浪洞の境界線を調整。
  • 1972年 - 船橋区域永済洞の一部が貞梧洞に編入。(7洞9里)
  • 1986年 (7洞9里)
    • 土城洞・貞栢洞の各一部が合併し、貞栢一洞が発足。
    • 土城洞の一部・貞栢洞の残部が合併し、貞栢二洞が発足。
    • 土城洞の残部が楽浪洞に編入。
  • 1988年 - 貞梧洞が分割され、貞梧一洞・貞梧二洞が発足。(8洞9里)
  • 1991年 (16洞9里)
    • 貞栢二洞の一部が分立し、統一コリ一洞・統一コリ二洞が発足。
    • 貞栢二洞・貞梧一洞の各一部が合併し、関門一洞が発足。
    • 貞栢二洞の残部・貞梧一洞の一部が合併し、関門二洞が発足。
    • 貞栢一洞・貞梧二洞の各一部が合併し、忠誠一洞が発足。
    • 貞栢一洞の一部が分立し、忠誠二洞・忠誠三洞・貞栢二洞が発足。
    • 楽浪洞が分割され、楽浪一洞・楽浪二洞が発足。
  • 1993年 (21洞9里)
    • 楽浪二洞の一部が分立し、楽浪三洞・勝利一洞・勝利二洞・勝利三洞が発足。
    • 関門一洞の一部が分立し、関門三洞が発足。

交通[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]