楼煩県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中国地名の変遷
建置 戦国時代
使用状況 北斉に廃止
戦国楼煩邑
楼煩県
前漢楼煩県
後漢楼煩県
三国楼煩県
西晋楼煩県
東晋十六国楼煩県
南北朝廃止(北斉)

楼煩県(ろうはん-けん)は中華人民共和国山西省にかつて存在した県。

戦国時代に設置された楼煩邑を前身とする。当時の邑治は現在の太原市婁煩県に設置されていた。秦朝による中国統一後は楼煩県が設置され、現在の朔州市朔城区に相当する。西晋が僑置され、現在の忻州市原平市に相当する。北斉により廃止された。

行政長官[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 班固漢書』酷吏伝第60。小竹武夫訳『漢書』7(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、449頁。